ウマ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
ウマ
HorseInv.pngDonkey.pngMule.pngUndeadhorse.pngSkeletonhorse.png
Foal.pngDonkeyFoal.pngMuleFoal.pngUndeadhorseFoal.pngSkeletonhorseFoal.png
体力値

15 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHalf Heart.svg)30 (Heart.svg × 15)もしくは52 (Heart.svg × 26)

耐久値

馬鎧を参照

スポーン条件

平原バイオーム

初登場

歴史を参照

ドロップ


(0∼2)

(0~2)

腐った肉
(0~2)

使用可能アイテム


馬鎧


サドル


チェスト

経験値

1∼3

内部ID

100

エンティティID

horse
donkey
mulu
skeleton_horse
zombie_horse

ウマ (Horse)とは、プレイヤーが騎乗可能な最初のMobである。Mod "Mo' Creatures" の作者、DrZharkがウマの作成に協力し、実際Mo' Creaturesのものと同一のものになっている[1]。 ウマには次の亜種が存在する:
ロバ(Donkey)、ラバ(Mule)、スケルトンホース(Skeleton Horse)、ゾンビホース(Zombie Horse)

外観[編集 | ソースを編集]

全35種のウマ

現時点でウマには5つの亜種があり、そのうち4種が野生のものとして出現する可能性がある。通常のウマはすべて同じ品種で、毛色が白、鹿毛(茶褐色)、黒鹿毛、赤茶色、青毛(黒)、芦毛(灰色のまだら)、栗毛のうちのいずれかになる。また、柄には単色、長白と鼻梁白、白斑、駁毛、、アパルーサの5種類がある。全ての毛色と柄の組み合わせを考えると都合35通りになる。またこれとは別にロバもいる。ロバはウマと交配できラバを誕生させることができる。他にも2種類のアンデッドのウマ、ゾンビホースとスケルトンホースがあるが、プレイヤーが飼うことはできない。

スケルトンホースについては落雷時に一定条件でセットされる「スケルトントラップ」により出現するスケルトンライダーの乗馬としてスポーンする可能性がある。

ウマ[編集 | ソースを編集]

ウマはゲームでの通常の品種の馬であり、時には仔ウマも出現する。サドルと、馬鎧を全種類着せることができる。子ウマは乗ることは出来ないが、餌を与えて成長を早めることが出来る。後述の表を参照してほしい。

ラバとロバ[編集 | ソースを編集]

ロバはウマの種類のうちの1つであり、通常のウマよりも出現頻度が低い。ウマと同様に、若いロバとラバにリンゴと砂糖を与えることが出来る。サドルを着けることは出来るが、馬鎧はできない。代わりにチェスト (Chest) を着けることが出来、スニークしながら操作することでチェストのインベントリーにアクセスできる。ロバやラバが死ぬと、付けられたチェストとその中身が落ちる。現実世界と同様に、ラバはウマとロバを掛け合わせることで生まれる。ただしウマ同士、あるいはロバ同士という通常の繁殖より成功率が低いようだ。ラバ自体を繁殖させることは出来ない。

スケルトン[編集 | ソースを編集]

スケルトン化した馬のバリエーションの1つ。テクスチャーは一種類のみで以前もAI自体は存在しており、コマンドで召喚できていた。(その時は手懐けることはできなかった。)バージョン1.9にて正式に追加された。スケルトンホースは雷雨によって落雷が発生した際にスケルトンライダーとしてスポーンする。スケルトンのみを倒した後は手懐けなくても乗れる。またサドルをつけることも可能。(馬鎧は不可)1.11でスポーンエッグが追加された。

ゾンビ[編集 | ソースを編集]

ゾンビ化した馬のバリエーションの1つ。以前もAIは存在しておりコマンドで召喚できていたが手懐けることはできなかった。1.9では正式に実装され、1.11ではスポーンエッグが追加された。

[編集 | ソースを編集]

回復量 成長加速時間 餌付け成功確率補正値 備考

砂糖(Sugar)
1 (Half Heart.svg) 30 秒 +3%

小麦(Wheat)
2 (Heart.svg) 1 分 +3%

リンゴ(Apple)
3 (Heart.svgHalf Heart.svg) 1 分 +3%

パン(Bread)
7 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHalf Heart.svg) 3 分 +3%

金のリンゴ(Golden Apple)
10 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svg) 4 分 +10% 繁殖モードにする。

干草の俵(Hay Bale)
20 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svg) 3 分 -

注:子ウマが生まれてから大人のウマに成長するまで20分かかる。

手懐ける[編集 | ソースを編集]

野生のウマを手懐けるには、ウマに近づき、素手で右クリックする。ウマの上に登ると大抵は振り落とされるが、何度か試すとプレイヤーが落とされずに済み、ハートのパーティクルが表示される。この時点でスニークキーを押すことで降りることが出来、サドルを着けることが出来るようになる。

餌付けをする際、成功確率は初回は0%になる。失敗するたびに確率は5%づつ上昇する。つまり2回目に乗って餌付けを使用とする際の成功確率は5%、3回目は10%、のようになる。適切な食物の何れかを、ウマのそばに立っているときに与えることで、餌付けを早く成功させることが出来る。上表の成功確率補正値を参照してほしい。

スケルトンホースは元から懐いている。

騎乗[編集 | ソースを編集]

一旦ウマを手懐けサドルを着けると、標準の方向キーとマウスで制御できるようになる。ウマをジャンプさせることも出来、ジャンプキーを押し続けることで跳躍力を溜めることが出来る。ウマはビーコンの跳躍力上昇の効果は受けない。2ブロック以上の深さの水中に下りる、またはスニークすることでプレイヤーは降りる。

ウマのジャンプゲージ

: Horse jump bar empty.png

最大: Horse jump bar full.png

サバイバルアドベンチャーモードでウマに乗るとき、満腹度ゲージと酸素ゲージはウマの体力ゲージに置き換わる。ウマの体力ゲージには、プレイヤーのそれとは少し異なったハートマークが用いられる。経験値ゲージは跳躍時の高さを示す、ウマのジャンプゲージへと置き換わる。ジャンプゲージが一杯のときにスペースキーを離したときの、最大跳躍高は乗っているウマ毎に異なる。その値は1.2から5.1ブロック高の幅になるようである。ウマ毎に統計量が様々なので、最大距離を測るのは難しいが、テストによると特定のウマでは12ブロックの距離を跳ぶことが出来た。

ウマに乗っている間にアイテムを作ることも、ポーションを飲むことも投げることも、ドアやレッドストーン機構の操作、あるいはチェストや作業台、かまどの利用が出来る。ブロックの破壊や設置、そして攻撃も可能だ。

ウマにのって走ると、プレイヤーが全力疾走するよりも早く走ることができる。

ウマは1ブロックの高さなら自動的にジャンプする。

ウマの高さは2ブロックだが、プレイヤーが乗ると3ブロックの高さになる。もしウマに乗った状態で高さ2ブロックの隙間を走り、その上のブロックが固体ブロックだと、プレイヤーが窒息死する原因になる。


ウマの幅は1ブロックよりも少し大きいため、1ブロック幅の溝を通行する事はできない。しかし逆に、1ブロック幅の溝に落ちる事無く横断できるとも言える。

また速度が出ている状態ならば2ブロック幅の溝を走り抜けられる事もあるが、必ず出来るという訳ではないようだ。

他にも、他のプレイヤーのハシゴを登る手助けをする時のように、ウマに体当たりするようにしてハシゴを登らせる事もできる。

事実上、最大速度で比較してもすべてのウマはトロッコよりも速く移動できるようだ。特定のウマはトロッコよりもはるかに速く走ることもできる。加速のポーションとネザーとの組み合わせで、ウマは Minecraft 内での実用上最速の移動手段になる (ネザーでの距離をオーバーワールドのものに換算して130m/s)。ウマの速度はその見た目とは無関係である。速い馬を見つけるには、何頭かに餌付けをして比較する必要がある。

ウマの後退速度はとても遅く、プレイヤーが横移動をするのと同程度となる。それゆえ後退・横移動よりは転回するほうが好ましいといえるだろう。

スケルトントラップ[編集 | ソースを編集]

スケルトントラップによってスポーンしたスケルトンライダーのグループ。

スケルトントラップ (Skeleton Trap) は、落雷が発生した際にイージーでは3.75~7.5%、ノーマルでは7.5~20%、ハードでは11.25~33.75%に確率でスポーンする。スケルトントラップはスポーン後15分後にデスポーンする。コマンドを使用してスケルトンホースではなく任意のウマにすることもできる。

プレイヤーは10ブロック内に入ると、 がウマを打つ。この雷は、火災を開始したり、近くのエンティティにダメージを与えることはできない。打ったときに、スケルトントラップはスケルトンライダー (Skeleton Horseman) をスポーンさせる。また、付近に3つの追加のスケルトンライダーが出現する。それぞれのスケルトンがエンチャントされている鉄のヘルメットとエンチャント弓を装備し、ダメージ耐性をスポーン後3秒間保持している。スケルトンライダーは高速移動して攻撃する。

注意:

  • スケルトンは、他のヘッドギアでランダムに生成されない限り、鉄のヘルメットを着用する。
  • スケルトンの弓とヘルメットは、レベル5~22のエンチャントテーブルと同じ内容でエンチャントされる。レベルは、地域の難易度に応じて高くなる。イージーでは常にレベル5のエンチャントになる。
  • スケルトントラップは、子どもであれば完全に成長し、繁殖のクールダウンはリセットされる。
  • 雷に打たれたときに、ウマは飼い慣らされ、さらに3頭の飼い慣らさせた状態でスポーンする。
  • スケルトンはデスポーンしない(PersistenceRequired が設定されている)。
  • ネザーで発動したスケルトントラップ(ポータル間を移動して回った後など)では、ウマに80%の確率でウィザースケルトンが乗っている場合がある。これはネザーでのウィザースケルトンの割合と一般に同じである。しかし、氷系バイオームで発動したトラップに、ストレイが乗っていることはない。
  • スケルトントラップは、通常のウマがスポーンするはずのない海の真ん中などの地域にスポーンすることがある。
  • 治癒のポーションはスケルトントラップにとっては逆効果となる。治癒するには負傷のポーションを用いる。
  • 天気が晴れの場合、スケルトントラップはまだトリガーされる。雷がスケルトントラップを打つと4つのスケルトンライダーが出現する。

繁殖[編集 | ソースを編集]

ウマはプレイヤーが金のニンジンか、金のリンゴを与えることで繁殖させることができる。ただし馬鎧を着けているときは繁殖させることはできない。

子ウマは多くの場合、親の何らかの色、何れかのマーキングを受け継ぐ。ただ稀に、親とは異なる毛色やマーキングを持つ子が生まれることがある。

子ウマは親よりも優れた能力、例えば体力や脚の速さ、跳躍力を持つ可能性がある。

子ウマの体力ゲージは、実際の体力が減っていてもハート26個のまま (でハート15個を下回らない)。これはバグでありワールドを再読み込みすることで回避できる。

歴史[編集 | ソースを編集]

正式版
2013-04-04
Jebは、Minecraft の販売数が10,000,000を達成した際に、ウマの追加についてのヒントを出した。
1.6.1 13w16a ウマが追加された。
13w16b ウマを遅くし、ゆれを小さくした。
13w18a ウマ用のサドルを削除した。
13w19a ロバとラバのチェストのインベントリーに、スニーク中にアクセスできるようになった。
13w21a ウマのインベントリー画面を追加。サドル、防具の着脱が可能となった。
1.9 15w31a スケルトンホース、ゾンビホースが正式に実装された。また、スケルトンホース、ゾンビホースがアンデッドになった。そのため治癒のポーションでダメージを受け負傷のポーションで回復する。
スケルトントラップが追加された。
1.11 16w32a ロバ、ラバ、スケルトンホース、ゾンビホースのスポーンエッグが追加された。
ウマのエンティティIDが EntityHorse から horse に変更された。それと同時に新しくロバ、ラバ、スケルトンホース、ゾンビホースにも donkeymuleskeleton_horsezombie_horse のエンティティIDが与えられた。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Horse」に関する不具合は、issue trackerにて管理されている。不具合の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 他の子Mobと同じように、ウマのスポーンエッグをウマに対して用いることで子ウマを出現させることが出来る。子ウマの品種はそのウマと同じものになる。子ウマを誕生させる際に騎乗している必要があるが、これは他のMobと異なる唯一の点である。
    • このようにして生まれた子ウマは、通常の子Mobと同様に産まれるもととなったウマの後を追いかける。
  • ウマに乗っている間にできる芸に、次のようなものがある。F1を押し、透明化のポーションをのみ、F5を押す。ウマに 乗って いるのではなく、あたかも ウマがプレイヤー であるかのように見えるだろう。
    • こうすることでウマであるかのように錯覚を与えることができ、ウマは偽装に非常によいMobとなる。
    • これはブタでもできるが、ニンジン付きの棒がないと制御できないので、透明であっても他のプレイヤーはアイテムで認識できてしまうだろう。
  • ほとんどのウマは木のフェンスを飛び越えることが可能だ。
  • ウマには現時点では効果音が付いていないが、啼くかのように口を開ける。
  • スケルトン及びゾンビホースはアンデッド化したウマであるようにみえるが、アンデッドとしては扱われていない。生きているMobと同様にウィザーはそれらを攻撃する。
  • TNT付きトロッコの地雷の上を走ると、それがとても強力な「核トロッコ」であっても、ウマに乗ってさえ居ればウマは死ぬがプレイヤーは地面に叩きつけられるまでダメージを受けない。
  • ウマは地上を長距離に渡って旅する際の、非常によい移動手段となる。最低でも毎秒11メートル (毎分660メートル、およそ毎時40キロメートル) の速度が得られ、丘のある地形の移動がたやすく行え、ほぼ100%の確率で渓谷を飛び越え、終わり以外はインフラを必要としない (ジャングルや密度の濃い森林には適さないが)。
  • 野生のウマはプレイヤーが遠く離れてしまうと消滅 (デスポーン) することがある。
    • これは手懐けた馬から生まれた子ウマでも同様である。
  • 4世代目以降のウマは、すべてが茶と白になるようだ。
  • 現時点では、NBTeditを用いて、スケルトンやアンデッドのウマのバリエーション番号をそれぞれ3や4へと変更することで、手懐けた状態のものにすることが出来る。
  • ウマに騎乗中にサーバーから離れると、ウマは複製される。この際チェストがついていればその中身も複製される。
  • ウマは他のMobと同様にトロッコ(Minecart)に乗ることができる。ただしその大きさが大きさなので、ウマを殺さずにトロッコを破壊することはほぼ不可能になる。
  • ウマに乗ってネザーポータルを通り抜けることは不可能である。ただし時々だが、ウマに乗ってポータルへと入り、Shiftキーを押して降りることで、オオカミを送るようにウマをネザーへと送り出すことは出来る。また降りて首綱でポータルへと引き込み、再度乗ってもいいだろう。それにネザーへと押し入れることも出来る。
  • ときどきウマは草を食むかのように頭を下げる。ただしどんなブロックの上に立っているときでもそのしぐさをする。
    • 水中でこの仕草をすると、ウマは泳ぐのを止め水に沈む。つまりこれは、海など水が静止しているバイオームを横断するときに問題となりうる。
  • Minecraft のクレジットには、ウマ関連でDr.Zharkが追加されている。
  • ウマに乗っている間にエンダーマンを直視しても挑発することは無いようだ。
  • マーキングがどれであろうと、河原毛には白斑がある。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]