アンプリファイド

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
アンプリファイド
Java Edition.pngLegacy Console Edition.png

アンプリファイド (Amplified)(英語版の Java Edition のゲーム内では AMPLIFIED と、英語版の Console Edition のゲーム内では Amplified Worlds と表記される)は、ワールドタイプのうちの1つである。なお、Amplified は「(高低差が)増幅された」という意味である。Console Editionでは、拡張世界を選択することで生成できる。

生成[編集 | ソースを編集]

アンプリファイドのワールドでは、より多くの、通常のワールド生成時の山岳の山々が小さく見えるほどの大きな山岳が生成され、しばしば高度制限に達してしまうこともある。深い洞窟岩盤層にまで達してしまうことも多い。ひどく切り立った断崖と険しい地形が続くため、不注意なプレイヤーはこのワールドタイプでは生きていくのが非常に難しいと感じることだろう。いくつかのバイオーム(湿原および)では明確な高度の変化はみられない。はこのワールドタイプでも地形の平坦さに関係なく生成されるため、建物が奇妙な形になってしまうことも多い。

このワールドタイプではオーバーワールドのみが変化し、ネザージ・エンドは通常通り生成される。

AmplifiedNotice.png

アンプリファイドではワールド生成が大量のRAM等を使用するため、このワールドタイプで遊ぶ場合には高スペックのコンピュータを使用するのが推奨される。そうしないと、ひどいラグと長いロード時間に悩まされることになる。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.7.2 2013年8月19日Jens Bergenstenはワールドジェネレータの大きな変更に関するスクリーンショットをツイートし、Notchの要望でその生成方式が残されることになった。
彼はそれについて「リソースが本当に重い」と警告している。
13w36a アンプリファイドが追加された。
Legacy Console Edition
CU361.38アンプリファイドが追加された(Xbox OneとPS4のみ)。

問題点[編集 | ソースを編集]

「アンプリファイド」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • このワールド生成方式では、削除された要素であるスカイランドのような、浮島が生成されることがある。
  • 山がちなサバンナでは、通常のワールド生成でも、アンプリファイドのような地形がみられる。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]