スキン

提供: Minecraft Wiki
Skinから転送)
移動先: 案内検索
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
プレイヤーのデフォルトのスキン "Steve" のゲーム中での表示のされ方
上記スキンを直接画像ビュワーで表示したもの

スキン(Skin)は、プレイヤーやMobの3Dモデルに貼り付けられるテクスチャーを意味する。

スキンはキャラクターの表面を表す部分に分割されている。例えば、頭の前面、足の左側面、などのようになる。スキンでは原則不透明な色しか使用できない。透過色は頭の第2レイヤーのみで使用可能であり、ここはデフォルトで透明になっている。playing offline, pixels can be left free resulting in "holes" in the skin.頭の第2レイヤーは眼鏡、帽子などのアクセサリーを装着させるために用いられる (頭は大きくなる)。

ワールドのテクスチャー[編集 | ソースを編集]

ゲーム中のブロックのテクスチャー、アイテムのスプライト、Mobのスキンなど、他のテクスチャーも「スキン」と呼ばれることがある。そういったものの一覧はテクスチャーパックのページにある。これらを変更することは、2010年11月10日に更新されたAlpha 1.2.2から公式に対応している。

ピッグマンゾンビゾンビピッグマンもプレイヤー特有のスキン (など) を適用できるのは注目に値する。スケルトンもプレイヤーのスキンを適用可能であるが、腕と足はスキンに対応していることを忘れないように (スケルトンにプレイヤーのスキンを適用させると、足と腕はスキンで置き換わらない)。

1.4以降、プレイヤーのスキンをゾンビ、ゾンビピッグマンに適用するには、.pngファイルを正しい位置に整列させないと、テクスチャーが壊れてしまうだろう。

プレイヤーのスキンの変更[編集 | ソースを編集]

PC[編集 | ソースを編集]

プレイヤーのスキンを変更するには、Minecraft を購入する (プレミアムアカウントになる) ことが必要である。Profileページで、正しい.png画像ファイルをアップロードすることで、デフォルトのスキンを置き換え、変更できる。minecraft.jarファイル中のchar.pngファイルも書き換え・変更が可能である (訳註:やっていることはModと同じなので同様に注意が要る)。ただしその効果は自分のみから見ることが出来、スキンを変更していない他のプレイヤーも変わってしまう。

Xbox 360[編集 | ソースを編集]

標準で8種類のスキンがある (スキンパックで増やすことが可能)。全てがスティーブの顔だが、肌の色と服装が異なる。以下は分割画面のオンラインプレイのみで可能である。ヘルプ&オプションの「スキンの変更」を選択することで、今あるスキンが表示される。Xbox 360版では透過スキンが使用可能である。これはXbox 360版ではスキンを作り出すことは不可能であるからだ。これにより、完全に透明なスキンによる他のプレイヤーへの「つきまとい」を、完全に防ぐことが出来る。

標準:

名前 画像 オリジナル メモ
標準スキン (スティーブ) Char Snap.png Char.png プレイヤー1のスキン クラシックスタイルのスティーブ
テニススティーブ Char Snap2.png Char2.png プレイヤー2のスキン 頭にバンドを巻いた、金髪のスティーブ
タキシードスティーブ Char Snap3.png Char3.png プレイヤー3のスキン タキシードでビシッと決めたスティーブ
アスリートスティーブ Char Snap4.png Char4.png プレイヤー4のスキン 浅黒い肌、袖なしのシャツ、金メダルのネックレス、そしてスウェットを履いたスティーブ
スコットランドスティーブ Char Snap5.png Char5.png プレイヤー5のスキン 派手な髪にキルトに身を包んだスティーブ
囚人スティーブ Char Snap6.png Char6.png プレイヤー6のスキン 明るいオレンジの囚人服を着た、脱獄犯のスティーブ
サイクリストスティーブ Char Snap7.png Char7.png プレイヤー7のスキン 短パンに上着、靴を履いたスティーブ
ボクサースティーブ Char Snap8.png Char8.png プレイヤー8のスキン ボクシンググローブ、ベルトとパンツで上半身裸、派手なブーツを履いたスティーブ。

スキンパック[編集 | ソースを編集]

Xbox 360 Edition にはダウンロードコンテンツ (DLC) としての追加スキン、「スキンパック」が用意されている。

スキンの作成[編集 | ソースを編集]

全ての面に区分が記述されている色分けされたスキンの雛形。背景色は透明になっている
黒色の背景になっている別種のスキンのガイド。腕と脚のみ、"right" と書かれたものが外側、"left" と書かれたものが内側になる。

独自のスキンは、プレイヤーキャラクターを自身のアバターにするよい手段である。スキンを作るには、コミュニティ製の数々のスキンエディターを使ったり、Paint.NETなどの画像エディターで"char.png"を手作業で編集する。"char.png"ファイルはここからダウンロード可能である。"char.png"ファイルを自分で編集する場合には、元の画像の大きさのままにしておくこと。

スキンエディターなり画像エディターなりで独自のスキンが完成したら、そのファイルをminecraft.netのProfileページにアップロードすると、スキンが適用される。Minecraftを起動して、新しいスキンを試してみよう!マルチプレイの他のプレイヤーもあなたのスキンを見ることが出来るだろう。変更したスキンはログイン時のみ見ることが出来る。オフラインでプレイすると、スキンは適用されない。


歴史[編集 | ソースを編集]

テンプレート:Expand section

ヒゲがあったもともとのキャラクター

プレイヤーのスキンは元々はあご鬚付きだった (よく笑顔と見間違われる)。Beta 1.6.6で変更されている。

追加の外套 (Cloak)、後にマント (Cape) と改名されたものは、2010年12月20日のBeta 1.0で追加された。

2011年10月、Notchはまず第一に間違いだったと指摘して、外套をマントと改名した。

クリスマスと新年のマントは2010年にのみ表示され、以降は使われていない。

1.9 Pre-releaseと1.0.0では、テクスチャーの「底面」(手や足) は180度反転していた。 回転していたのではなく反転していたというのは、底面が反転ではなく回転するよう更新したテクスチャーでは、スキンの残りの部分の関連で並ばれるとされる部分が正しく表示されないためである。

透明部分のあるスキンを作ろうとすると、ゲーム中では黒く表示される。


MineCon 2012のマントは2012年11月23日にMineCon Goodie BagをCurseが展示した際にリークされた。アバターがつけていたマントは金のツルハシと青い背景をしていた。その後MineCon 2012の公式マントであると発表された。

参照[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]


外部リンク[編集 | ソースを編集]

カテゴリー:スキン[編集 | ソースを編集]

カテゴリー:マント[編集 | ソースを編集]

  • MineCapes.net Unified cape directory & mod - Trying to bring (HD) capes to the masses