名前空間

変種

Share

Share
操作

Redstone Update

提供: Minecraft Wiki
移動: 案内, 検索

Redstone Updateは、バージョン1.5として公開された大規模更新のことである。主要な変更点には幾つもの新たなレッドストーン関連ブロック、例えばレッドストーンコンパレーター(レッドストーン信号レベルの比較器)、ホッパー(チェストなどのコンテナーのアイテムを出し入れする)、ドロッパー(アイテムを「使用」しないディスペンサーで、パイプとしても用いることが出来る)、日照センサー(日光に反応して信号を出力する)、トラップチェスト(開けたことを検出できるチェスト)、重量感圧板(アイテムの個数を検出できる感圧式スイッチ)、レッドストーンブロックなどがある。他にも新たな装飾ブロック、ネザー水晶から作られるネザー水晶ブロックが追加された。またスコアボードシステムの追加、新しいテクスチャーパックのフォーマットへの移行、そして光源処理エンジンの最適化も行われた。

Redstone Updateは、MineCon 2012での講演「Future Updates with the Minecraft PC Team(Minecraft PCチームと将来の変更)」および「The Future of Mod API talks(Mod APIの将来についてのトーク)」[1]にてアナウンスされた。

開発はアナウンスのすぐ後に開始された。それ以降、13w01aから13w10bの16の開発版スナップショットがリリースされた。この際幾つかのスナップショットはバージョン番号を変更せずに直後にバグを修正して再公開している。

Mojangの当初の計画では、Redstone Updateのリリース候補版を2013年2月28日に、正式な更新の配布を3月第1週とされていた[2]。しかし、安定版公開の前に更なるバグの修正を試みたため遅れることとなった[3][4]。そして3月7日のリリース候補版を経て、Redstone Updateは3月13日(水)に更新が配布となった。

目次

[編集] プロモーション動画

以下の動画はコミュニテイのファンによるトレイラーであり、Mojangの公式ブログにて紹介されたものである。動画説明文はMojangによるものを引用した。

[編集] 変更点一覧

Version history#1.5 を参照

[編集] 動画

[編集] 参考