Share

Share

レコード

提供: Minecraft Wiki
Music Discsから転送)
移動: 案内検索
音楽ディスク
Music Discs.gif











Wait Disc
種類

装飾品

耐久度

該当なし

再生

はい

スタック可

いいえ

初登場field=13 Disc, cat Disc
Alpha 1.0.14 (Seecret Friday 7)
chirp Disc, far Disc, mall Disc, mellohi Disc,
stal Disc, strad Disc, ward Disc, 11 Disc
Beta 1.9 Prerelease 2
wait Disc
1.4.3 Prerelease
データ値
13 Disc
dec: 2256 hex: 8D0 bin: 100011010000
cat Disc
dec: 2257 hex: 8D1 bin: 100011010001
blocks Disc
dec: 2258 hex: 8D2 bin: 100011010010
chirp Disc
dec: 2259 hex: 8D3 bin: 100011010011
far Disc
dec: 2260 hex: 8D4 bin: 100011010100
mall Disc
dec: 2261 hex: 8D5 bin: 100011010101
mellohi Disc
dec: 2262 hex: 8D6 bin: 100011010110
stal Disc
dec: 2263 hex: 8D7 bin: 100011010111
strad Disc
dec: 2264 hex: 8D8 bin: 100011011000
ward Disc
dec: 2265 hex: 8D9 bin: 100011011001
11 Disc
dec: 2266 hex: 8DA bin: 100011011010
wait Disc
dec: 2267 hex: 8DB bin: 100011011011
名前

音楽ディスク

音楽ディスク(Music Disc) (以前はレコード(Record)という名前だった) は、ジュークボックスで音楽が再生可能なアイテムである。鳴る音楽はC418の手によるものである。音楽ファイル自体は再生可能な.ogg形式で保存されているが、独自の音楽はModを使用せずには利用できない。

ディスクの獲得[編集 | ソースを編集]

音楽ディスク "13" と "cat" は、8%の確率でダンジョンチェストから発見される。全ての音楽ディスクは、クリーパースケルトンの矢で倒されるときに得られる。

プレイヤーは自身とスケルトンの間にクリーパーを配置し、スケルトンの射撃を誘発することで上記を達成できる。1.2以降、最初の目標が倒されるか範囲外になるかしないかぎり、Mobは第二の目標を攻撃したりはしなくなった。つまり以前のようにクリーパーを1撃で倒れるようにする必要性は無くなったということである。スケルトンはプレイヤーから8ブロック以内に入らないと射ってこず、加速のポーションで狩りを行い、クリーパーに近寄りすぎたら走って逃げるかダッシュ攻撃を行うかすることが推奨される。クリーパーは20点のヘルスポイント (ハート10個) を持っているので、鉄の剣 (ハート3個分のダメージ) で3回攻撃を当て、その次に スケルトンをひきつけ一撃で倒してもらう。もし近づきすぎたら、ダッシュ攻撃でクリーパーを遠くへ飛ばす機会は一回ある。また、平原もしくは砂漠バイオーム、ないしほぼ平坦な土地で、追跡することが推奨される。後方を気にせず、クリーパーとスケルトンを注視することが出来るようにするためである。

スケルトンがプレイヤーを射る際、間のクリーパーに当たるように仕向けつつ、クリーパーがスケルトンを攻撃しない形の、スケルトンとクリーパーのトラップを作ることは可能である。比較的簡単なのは感圧式スイッチピストンとで両種のMobをそれぞれ用の場所へ捕らえる、比較的簡単な仕掛けでも非常に効率的である。この仕掛けは両Mobを穴へと誘い込むものを基本としていたが、これはMob AIのアップグレードにより効率が低下して陳腐化した。

ディスク[編集 | ソースを編集]

英語版Minecraft Wikiに掲載を許可するための作者との合意により、これら曲は30秒に短縮されているので注意して下さい。 ただし"11"はこの限りではありません。

アイコン 曲名 解説 リンク 演奏時間

13 大半が洞窟の音、金属音、水しぶき、風の吹く音、くぐもった弓の発射音、クリーパーの爆発音に取り巻かれ構成された環境の曲。ダンジョンで稀だが発見できる。
13.ogg
2:58

cat アップビートなシンセのメロディ。同様に稀にダンジョンで発見できる。
cat.ogg
3:05

blocks アップビートで、レトロなメロディ。
blocks.ogg
5:45

chirp アップビートでキャッチーな曲。
chirp.ogg
3:05

far 落ち着いてリラックスした、自然風のメロディ。
far.ogg
2:54

mall 穏やかな、落ち着いた作品。
mall.ogg
3:17

mellohi スローテンポの、すこし憂鬱なワルツ。
mellohi.ogg
1:36

stal 穏やかなジャズのような作品。
stal.ogg
2:30

strad トロピカルな響きの作品
strad.ogg
3:08

ward ショパンの葬送行進曲[1]からの抜粋で始まり、シンセオルガンで演奏されるが電子音でアップビートになっていく冒険的(exploration/adventure)な暗い低音の曲。
Ward.ogg
4:11

11 違う種類のブロックの上を駆け抜ける人物がその後立ち止まり、何かしらの装備を使っているようであり、その後咳をして、再び急いで走りだすのを録音したようである。音はの音に似ている。人はもがき、雑音がレコードから聞こえる。奇妙な吠えるような風の音(またはウィザーのような声)が終わる前に聞こえ、不意にその音が止む。この後、曲が終わる前に壊れたディスクから想起できる静かな(Static)ノイズをきくことができる。
11.ogg
1:11

wait このディスクはMinecraftに追加された最新のディスクである。ゲームデータ中にはずっと前から存在していた (where are we now として)。アップビートでリラックスできる曲であり、「ブロック」風のフィールがある。

Xbox 360 Edition では、cat と同じテクスチャーのディスクであり、曲名は元の where are we now となっている。

where are we now.ogg
3:58 (3:51でフェードアウト)

元の音楽ファイル[編集 | ソースを編集]

C418が音楽ディスクのために作成した12曲は、次の場所にある。

  • Windows: %appdata%\.minecraft\resources\streaming\ (AppDataは標準設定では隠しフォルダーになっている)
  • Linux: ~/.minecraft/resources/streaming/ (.minecraftフォルダーは非表示である)
  • Mac OS X: ~/Library/Application Support/minecraft/resources/streaming/ (~/Libraryは10.7では非表示になっている)


12曲中、"cat" と "13" のみが再生可能なOgg Vorbisフォーマットになっている。残りは単純な暗号アルゴリズムでロックされた .mus ファイルになっている。Minecraft はこれらを動的に復号している。

"cat" と "13" の.oggファイルを、自前の.oggファイルに置き換えることで、独自の音楽が再生できるディスクを作り出すことが出来る。

動画[編集 | ソースを編集]

Music Discs/video

歴史[編集 | ソースを編集]

Alpha
2010-04 C418がこの動画をYouTubeにアップロードした。後にレコード(Record) として追加される曲のプレビューが含まれている。
1.0.14 (SF7) 13catが最初のレコードとして実装された。このころいつ?、音楽ディスクに改名された。
Beta
1.2_02 このアップデート以前、金の音楽ディスク 13 は、はっきり判るほど緑のディスク cat より出現頻度が高かった。このアップデートで、緑のディスク cat の確率が高くなった。
1.6 このアップデート以前は、SMPでジュークボックスからディスクが取り出される際にバグが存在した。音楽ディスクと共に、自分のクライアント側のみの"幽霊"ディスク飛び出していた。この幽霊ディスクは拾うことが出来なかった。このバグが修正された。
? このころ、C418はBeta 1.8で新しい音楽ディスクが追加されることを告知している。
1.9pre2 9種の新しい音楽ディスクが実装され、合計11種類になった。ただし追加のディスクはクリーパーのドロップアイテムとしては出現しない。曲データは以前からある13.mus、cat.mus (それぞれ13.ogg、cat.oggに復号される) と共に (同じフォルダーに) 格納されている。このアップデート以前から12の未使用の音楽ファイルがあったが、これで未使用なのは1ファイル、"where are we now"のみとなった。9種に加えて "where are we now" が追加されなかったのは名称中の空白が原因の問題である[2]
正式版
1.1 ディスク 11 以外の音楽ディスクが、スケルトンにより倒されたクリーパーがドロップするようになった。ドロップ確率も全て等しくなった。
1.4.4 ディスク where are we nowwait に改名され、ゲーム中に登場するようになった。またディスク 11 もサバイバルモードで登場するようになった。他のディスクと同様にクリーパーがドロップする。
1.5 13w04a 動作しているジュークボックスから、コンパレーターにより信号が引き出せるようになった。この信号は挿入されている音楽ディスクのIDの値と同じ強度になる。
Console Edition
1.2.1 10種の音楽ディスクを追加。

将来[編集 | ソースを編集]

将来、計14種の音楽ディスクがMinecraft世界で発見可能になると述べられたことがある[3]Beta 1.6の変更点一覧[4]で、"The record player now supports more than 15 different songs" (record playerは15種以上の異なる曲に対応するようになった) とされている。

Xbox 360 Editionのチュートリアルワールドでの音楽ディスクの場所[編集 | ソースを編集]

Xbox 360 Tutorial Mode#1.8.2 secrets」も参照

Xbox 360 Edition チュートリアルワールドでは、12の音楽ディスクが世界中に隠されている。その場所は次の通りである。

Chirp - X: 41, Y: 78, Z:153 (城の右側の、溶岩の壁の向こう)

Mall - X: 102, Y: 60, Z: 268 (砂の神殿)

11 - X: 64, Y: 94, Z: 166 (城の頂上)

Cat - X: -42, Y: 57, Z: 248 (湿原の家)

Blocks - X: 65, Y: 71, Z: 176 (地下の城 - 下り階段)

Mellohi - X: 86 Y: 74 Z: 166 (中央通り - 城の前)

13 - X:106 Y: 75 Z: 166 (城の入り口 - 検問所)

Far - X: -42, Y: 60, Z: 94 (水中の家)

Stal - X: 59, Y: 62, Z: 27 (ネザー - ブレイズのモンスター発生器そば)

Ward - X: 196, Y: 79, Z:71 (城の塔)

Strad - X: 28, Y: 62, Z: 8 (ダンジョンの神殿)

Where are we now - X: 373, Y: 65, Z: -146 (キノコ島バイオーム)

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 音楽ディスク stal の名前はスウェーデン語になる。正確には "stål" で、リング符号を略した表記になっている。「石」の意味だ。
  • 音楽ディスク 11 はそのデータ値が由来であり、ゲーム中に11番目に登場したもので、唯一の割れたディスク (曲の終わりが途切れていることで判る)、そして曲の長さが1分11秒になっている。
  • chirp光学式オルガン(Optigan)のサンプルであり、曲 Interludes with Ludes by Them Crooked Vultures で用いられている。またリトルビッグプラネットのシリーズの "The Orb Of Dreamers" という曲にそっくりであるが、確かではない。次の場所で比較することが出来る:
    [1]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. http://www.youtube.com/watch?v=Hgw_RD_1_5I
  2. http://twitter.com/notch/status/119412635828629504
  3. http://web.archive.org/web/20101120112901/http://c418.org/archives/673
  4. http://notch.tumblr.com/post/5775170768/the-changelist-for-1-6