リソースパック

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
デフォルトテクスチャとカスタムリソースパック(DokuCraft)の比較である。

リソースパック(Resource pack)システムとはプレイヤーが Minecraft のカスタマイズを可能にするAPIである。これにより、テクスチャ、モデル、BGM、効果音、言語ファイル、クレジット・ロール、スプラッシュテキスト、フォントをゲーム本体を書き換えずに変更出来る。

振る舞い[編集 | ソースを編集]

リソースパックの選択画面である。Ninety-Sixが一番上で、 Favorite Songs Packが続き、デフォルトのアセットとなっている。

リソースパックは.minecraft階層ののresourcepacksフォルダに置く必要がある。その際のファイルフォーマットを.zip形式にするか、resourcepacksフォルダにフォルダを直置きする必要がある。フォルダに置いた後は、オプションの「使用可能なリソースパック」と「選択中のリソースパック」の間で移動ができる。「選択中のリソースパック」の側にはデフォルトのリソースが存在するが削除することは出来ない。

基本的にリソースパックはリストの上から順に読み込まれる。一番下の"デフォルト"のリソースパックが最初に読み込まれ、その後に読み込まれたアセットと対応するものが置き換わる仕組みになっている。

デフォルトのリソースパック[編集 | ソースを編集]

リソースパックは、resourcesという名前のフォルダに直接配置することで、マップにバンドルできる。その際に、リソースパックは.zipファイル形式でなければならない。プレイ中には、そのリソースパックがワールドのデフォルトのリソースパックとして右側のリストに表示される。

サーバープロパティファイルのresource-pack=行の後にある.zipファイルのダウンロードへのリンクを変更することで、サーバー上に既定のリソースパックを設定することもできる。ユーザーはリソースパックの使用を拒否することも、ダウンロードしないことを選択することもできる。

Console Edition[編集 | ソースを編集]

Console Editionでは、マッシュアップパック(これはリソースパックに相当する)がダウンロードコンテンツ(DLC)として、Xbox Game マーケットプレイス / PlayStation ストア / Nintendo eショップからダウンロード出来る。マッシュアップパックはリソースパック、スキンパック、ワールドを一つにしたコンテンツである。

Pocket Edition[編集 | ソースを編集]

Pocket Editionではスキンパックと同様にリソースパックは購入・作成出来る。 現在(1.0.9)はプラスチック、都会、ナチュラル(Console Editionからの移植)、ファンタジー、カートゥーン、キャンディーテクスチャパックが購入・使用可能である。またマッシュアップパックではホリデーマッシュアップ 2016、中国神話マッシュアップ、Falloutマッシュアップが購入・使用可能である。カスタムリソースパックを導入するには、com.mojangフォルダにresource_packsフォルダを作り配置する必要がある。(フォルダの生成は自動でも行われる) 導入にはデバイスのOS毎に違いがある。 iOSでは内部ファイルをiOS単体で操作できないため、WindowsやMacからiExplorerやiFunBoxなどを使って導入する必要がある。これはiTunesのファイル共有ではフォルダへのナビゲートが出来ないためである。 Androidではファイル操作が出来るため、ファイルマネージャなどのアプリで可能である。 Alpha 0.16.0から、iOSデバイスではダウンロードしたリソースパックファイルの拡張子を.mcpack.mcworldにリネームすることで導入出来る。

コンテンツ[編集 | ソースを編集]

リソースパックはJSON形式で記述されたルートディレクトリにあるpack.mcmetaファイルによって識別される。

  • Nbtsheet.png ルートタグ
    • Nbtsheet.png pack: リソースパックの持つ情報
      • Nbtsheet.png pack_format: パックのバージョン。この番号がMinecraftの要求するものと合わない場合、パック読みこみ時にエラーとして表示される。1.8.7以前のバージョンは01.8.8では11.91.10では21.11では3となっている。
      • Nbtsheet.png description: リソースパックメニューのパック名の下に表示されるパックの説明となるテキスト。テキストは2行に表示され、長すぎるテキストは切り捨てられる。
    • Nbtsheet.png language: 新たな言語を追加する場合記述する。
      • Nbtsheet.png A language .langファイルに対応する言語コード。assets/minecraft/langに入っているファイル名と同じ名前にする。
        • Nbtsheet.png name: 言語の名称。
        • Nbtsheet.png region: 地域を設定する。
        • Nbtsheet.png bidirectional: trueの場合、文字は右から左に読まれる。

ルートディレクトリには、pack.pngという画像ファイルと含まれている。これはリソースパックメニューでのアイコンとして表示される。

言語[編集 | ソースを編集]

新たな言語や修正した翻訳はリソースパックのassets/minecraft/langディレクトリに.langファイルを作成することで追加することができる。 方法は2つあり、1つ目は元から存在する言語ファイルを書き換える方法。2つ目は言語ファイルを新たに追加する方法である。後者の場合、pack.mcmetaファイルに記述する必要がある。(記述方法は上の通り)

言語ファイル内での記述方法は、identifier=nameのようになっている。identifierはゲーム内部でブロックやアイテムなどに紐付けられているIDのようなものであり、ブロックやアイテム毎に付けられている。変更することは出来ない。 nameは実際にゲーム上で表示されるブロックやアイテムの名前である。を例にすると、tile.stone.stone.name=Stoneのようになっている。tile.stone.stone.nameが石のゲーム内部での名前となっており、Stoneがゲーム上で表示される名前となっている。これらは#でコメントアウトすることも可能である。

これらは追加・変更したものだけが、ゲームで適用される。何も手が加わっていないもの、欠如しているものは読み込まれずデフォルトのものが使用される。

モデル[編集 | ソースを編集]

モデルはJSON形式で記述されており、.jsonファイルとなっている。これらのファイルでブロック・アイテムのモデルを形作っている。

ブロックはassets/minecraft/blockstatesのファイルのブロック情報を使用し、assets/minecraft/models/blockからブロックモデルを読み込むことでブロックモデルを決定している。 アイテムはassets/minecraft/models/itemからアイテムモデルを読み込む。ブロックモデル、カスタムモデル、またはデフォルトの「フラット」か「エンティティ」から選ぶことが出来る

モデルファイルは上のリソースパックから読み込まれる。よって下にあるリソースパックのモデルファイルは、上書きされて読み込まれない。

サウンド[編集 | ソースを編集]

リソースパックは追加のサウンドファイルを.ogg形式で読み込む。下位のパックに同様の名前のファイルが存在すると上のものが読み込まれ、パックにはassets/minecraftディレクトリにsounds.jsonファイルが含まれている。他のリソースパック関連のファイルとは異なり、このファイルはパックの位置に関係なく読み込まれる。このファイルにはパック内のサウンドファイルが記述されている。

テクスチャ[編集 | ソースを編集]

テクスチャファイルが存在しない時に使用されるテクスチャ。

For block or item textures to function, they must have equal width and height (or height that is a multiple of the width if animated); otherwise it will display as a purple and black checkerboard. For most other textures, the file will simply be stretched to fit the required dimensions.

Most solid blocks will turn any transparent area fully opaque. Some other blocks, which have "cutout" transparency (like glass) will turn all pixels that are less than 10% opaque fully transparent and all other pixels completely opaque. Every other block renders textures with semi-transparency as-is. All items and any blocks or entities which are semi-transparent by default support semi-transparency.

If a file does not exist in any resource pack, including the default, it will display as a purple and black checkerboard.

アニメーション[編集 | ソースを編集]

Block and item textures support animation by placing each additional frame below the last. The animation is then controlled using a .mcmeta file in JSON format with the same name in the same directory. For example, the .mcmeta file for stone.png would be stone.png.mcmeta.

  • Nbtsheet.png The root tag
    • Nbtsheet.png animation: Contains data for the animation
      • Nbtsheet.png interpolate: If true, Minecraft will generate additional frames between frames with a frame time greater than 1 between them. Defaults to false.
      • Nbtsheet.png width: The width of the tile, as a direct ratio rather than in pixels. This is unused in vanilla but can be used by mods to have frames that are not perfect squares.
      • Nbtsheet.png height: The height of the tile in direct pixels, as a ratio rather than in pixels. This is unused in vanilla but can be used by mods to have frames that are not perfect squares.
      • Nbtsheet.png frametime: Sets the default time for each frame in increments of one game tick. Defaults to 1.
      • Nbtsheet.png frames: Contains a list of frames. Defaults to displaying all the frames from top to bottom.
        • Nbtsheet.png A number corresponding to position of a frame from the top, with the top frame being 0
        • Nbtsheet.png A frame Specifies a frame with additional data
          • Nbtsheet.png index: A number corresponding to position of a frame from the top, with the top frame being 0
          • Nbtsheet.png time: The time in ticks to show this frame, overriding "frametime" above.

If the .mcmeta file does not exist in the pack and the texture does, the game will assume the texture is not animated, rather than loading a .mcmeta file from a pack below that pack. If no .mcmeta file exists for a texture with unequal dimensions, the texture will appear as a purple and black checkerboard.

カラーマップ[編集 | ソースを編集]

Colormaps are 256×256 pixel images which tell the game which color to use in each biome. They are located in assets/minecraft/textures/colormap. The game contains two colormaps, foliage.png which colors plants such as leaves (except birch and spruce) and vines, and grass.png which colors grass and grass blocks. Colormaps can be disabled on individual blocks by removing the tintindex tag.

フォント[編集 | ソースを編集]

Font files contain a grid of white characters, which are automatically colored by Minecraft as needed in game. The character sizes are automatically determined based on the last line of pixels containing any alpha value. Due to the way fonts are detected, filling the background of a character with a color containing a 1% alpha background will cause the full width to render without having a visible background to the character.

プロパティ[編集 | ソースを編集]

Textures from assets/minecraft/textures/misc support a .mcmeta file in JSON format containing additional effects to apply to the texture. The file is contained in the same directory as the texture, and have the same name as the texture, except appended with .mcmeta. For example, the file pumpkinblur.png can have a properties file call pumpkinblur.png.mcmeta

  • Nbtsheet.png The root tag
    • Nbtsheet.png texture: Contains data for the texture
      • Nbtsheet.png blur: Causes the texture to blur when viewed from close up. Defaults to false
      • Nbtsheet.png clamp: Causes the texture to stretch instead of tiling in cases where it otherwise would, such as on the shadow. Defaults to false
      • Nbtsheet.png mipmaps: Custom mipmap values for the texture

If the .mcmeta file does not exist in the pack and the texture does, the game will load the default settings, rather than loading a .mcmeta file from a pack below that pack.

テキスト[編集 | ソースを編集]

Three .txt files in UTF-8 format exist in assets/minecraft/texts which are used by the game to determine the text to display.

The file end.txt contains the text of the end poem, using formatting codes to apply the colors to the two speakers, and with the text PLAYERNAME being replaced with the player's name. After that file is shown, the contents of credits.txt will be shown.

The file splashes.txt contains lines of text separated using line breaks to determine the splashes to display in game. Any of the splashes can be replaced with different text, which will then be used in place of that splash in game.

フォルダ構造[編集 | ソースを編集]

動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

正式版
1.6.1 13w24a テクスチャーパックに置き換わる機能としてリソースパックが追加された。1.5までのテクスチャーパックはMojangの変換ツール(Minecraft Texture Ender)で変換出来る。
1.6.2 HDフォントを使用した際に、フォントが歪むバグを修正[1]
1.7.2 13w36a 一度に複数のリソースパックを適用する機能を追加
13w42a assets/minecraft/musicのファイルをassets/minecraft/sounds/musicに、assets/minecraft/soundのファイルをassets/minecraft/soundsに移動した
1.7.4 13w48a Mojangのロゴを変更できる機能を削除した
1.8 14w06a ブロックモデルを変更できる機能を追加
14w07a リソースパックをマップにバンドルできるようになった。
14w25a カスタムアイテムモデルが適用出来るようになった
テクスチャをブロックとアイテムに指定できるようになった
Added the interpolate tag for animations.
1.8.8 pre Resource packs now display an error if the pack version number is wrong. At this time, it requires a pack version number of 1.
1.9 15w31a Resource packs version number was changed to 2, due to changes in the model system, such as item tags, multipart, and changes to display tags.
Using resource packs with outdated display tags will cause the models to seem abnormally up-scaled and the wielded block will not be rotated in the hand, along with blocks in the inventory replaced with a 2D texture. This is similar to what happens when a model has no display tags. See here for an example.
1.11 16w32a リソースパックのバージョンが3になった
リソースパック内のファイル名が全て小文字になった
Pocket Edition Alpha
0.15.0 プラスチック・都会テクスチャパックを追加
0.15.7 ナチュラルテクスチャパックを追加
0.15.8 ファンタジーテクスチャパックを追加
0.16.2 カートゥーンテクスチャパックを追加
Pocket Edition
1.0.3 キャンディテクスチャパックを追加

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]