ラピスラズリ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
ラピスラズリ
BlueDye.png

種類

染料

耐久度

4 (データ)

再生

はい

スタック

はい (64)

データ値

dec: 3514 hex: 15F4 bin: 1010111114

名前

ラピスラズリ

ラピスラズリ(Lapis Lazuli)は、同名の鉱石を石以上のツルハシで採掘して得られる鉱物であり、1次染料として用いることが出来るものである。石炭レッドストーンダストダイヤモンドのように採掘してすぐ利用でき、製錬する必要はない。

入手[編集 | ソースを編集]

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
ラピスラズリブロック

製錬から[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
ラピスラズリ鉱石
Lapis Lazuli Ore Grid layout Furnace Progress.png Lapis Lazuli
Grid layout Fire.png
Coal

註:製錬するのは2つの意味で非効率的である。1つは鉱石ブロックの回収にエンチャント「シルクタッチ」が必要なこと。もう1つは通常通り採掘すれば4∼8個の欠片を得られるが、製錬では1つしか得られないのだ。

交易から[編集 | ソースを編集]

ラピスラズリは司祭の2番目の取引で、エメラルド1つを対価に入手することができる。

用途[編集 | ソースを編集]

  • 9つの欠片からラピスラズリブロックを作製する。
  • 羊毛と組み合わせて青色の羊毛を作製する。
  • ヒツジに用いて体毛を染め上げる。これで、ハサミで毛を刈って青色の羊毛を1∼3ブロック得ることが出来るようになる。こちらの方が費用対効果が大きいので推奨される。
  • 手懐けたオオカミに対して用いて、その首輪を青く染める。
  • 革製の防具に色を着ける
  • 火薬と組み合わせて花火の星を作製する。染料の色が花火炸裂後の星の色になる。
    • 花火の星と組み合わせて、花火炸裂後の星が消える前に変化する色を指定する。
ラピスラズリと組み合わせる染料 出来る染料
ItemCSS.png 緑色の染料 ItemCSS.png 青緑色の染料
ItemCSS.png 骨粉 ItemCSS.png 空色の染料
ItemCSS.png 赤色の染料 ItemCSS.png 紫色の染料

作製素材として[編集 | ソースを編集]

DV 説明
ItemCSS.png 0 イカスミ
ItemCSS.png 1 赤色の染料
ItemCSS.png 2 緑色の染料
ItemCSS.png 3 カカオ豆
ItemCSS.png 4 ラピスラズリ
ItemCSS.png 5 紫色の染料
ItemCSS.png 6 水色の染料
ItemCSS.png 7 薄灰色の染料
ItemCSS.png 8 灰色の染料
ItemCSS.png 9 桃色の染料
ItemCSS.png 10 黄緑色の染料
ItemCSS.png 11 黄色の染料
ItemCSS.png 12 空色の染料
ItemCSS.png 13 赤紫色の染料
ItemCSS.png 14 橙色の染料
ItemCSS.png 15 骨粉
材料 レシピ » 結果
ラピスラズリ +
白色の羊毛





Wool






ラピスラズリ











ラピスラズリ +
骨粉
ラピスラズリ +
緑色の染料
ラピスラズリ +
赤色の染料
ラピスラズリ +
骨粉 +
赤色の染料












ラピスラズリ +
赤色の染料 +
桃色の染料












稀少性と埋蔵位置[編集 | ソースを編集]

ラピスラズリはかなり深い場所で見つかり、ダイヤモンドを得るためのブランチマイニングでよく見つけることが出来る。加えて鉱石1ブロックから最大8つの欠片を得られるので、チェストに溢れるほどのラピスラズリを得るのは難しくはないだろう。

動画[編集 | ソースを編集]

ラピスラズリ/video

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 現実世界では、ラピスラズリは少し固い石であり、宝石や顔料として用いられてきた。
  • ラピスラズリは泣く黒曜石の作製素材となる予定だったが、ブロックもその製作レシピも実装されなかった。
  • ラピスラズリは採掘で得ることが可能な唯一の染料である。
  • ブロック抽出キーの機能が壊れていた1.2.5では、ラピスラズリ鉱石に対してブロック抽出するとイカスミが得られていた。ダイヤモンド鉱石ではダイヤが正しく得られていたにもかかわらずである。これはラピスラズリが鉱石からドロップされる「染料」であり、そのデータ値はイカスミのものであったためである。他のバグと共にこの問題も1.3で修正されている。

歴史[編集 | ソースを編集]

Beta
1.2 ラピスラズリが追加された。
1.2_02 ラピスラズリ鉱石が、岩盤層付近で発見されるようになり、それを採掘することで4∼8かけらのラピスラズリが得られるようになった (以前は1つのみ)。ただしこれはシングルプレイのみであり、Minecraft Betaサーバーはこの変更が適用されていなかった。