マグマキューブ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
マグマキューブ
Magma Cube.png
Magma Cube Jumping.png
体力値

大: 16 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svg)
中: 4 (Heart.svgHeart.svg)
小: 1 (Half Heart.svg)

耐久値

大: 12 (Armor.svgArmor.svgArmor.svgArmor.svgArmor.svgArmor.svg)
中: 6 (Armor.svgArmor.svgArmor.svg)
小: 3 (Armor.svgHalf Armor.svg)

攻撃力

大: 6 (Heart.svgHeart.svgHeart.svg)
中: 4 (Heart.svgHeart.svg)
小: 3 (Heart.svgHalf Heart.svg)

大きさ

大:
高さ: 2.04ブロック
幅: 2.04ブロック
中:
高さ: 1.02ブロック
幅: 1.02ブロック
小:
高さ: 0.51ブロック
幅: 0.51ブロック

スポーン条件

ネザー、任意の明るさレベル

初登場

Beta 1.9pre

ドロップ


マグマクリーム
(0 ∼ 1)、大・中の大きさのものが倒されると

経験値

大:4
中:2
小:1

ネットワークID

62

セーブゲームID

magma_cube

マグマキューブ(Magma Cube)とは敵性Mobであり、暗い赤と黒の表皮に橙色と黄色の目をしていて、ネザーにて発見される。倒されるとスライムのように、経験値オーブとともに1段階小さなものの2∼4個に分裂する。 移動するときは、幾つかの層に分裂して (この時内部の溶けた溶岩コアが垣間見える)、跳び上がる。

外観[編集 | ソースを編集]

マグマキューブは赤みがかった茶色の立方体で、はっきりしないクリーパースライムに似た、橙色の目をしている。通常サイズのスライムとほぼ同じように見えるが、ジャンプするときはバネのように8つの層にスライスされ、輝く橙色の溶岩コアを垣間見るだろう。着地するときはスポナーと同じ炎のパーティクルを出す。

ドロップ[編集 | ソースを編集]

大および中サイズのマグマキューブは、25%の確率で1個のマグマクリームをドロップする。これは耐火のポーションに欠かせない材料である。小サイズのマグマキューブはマグマクリームをドロップしない。

振る舞い[編集 | ソースを編集]

マグマキューブは、幾つかの点を除いてスライムと同じ振る舞いをする。

  • マグマキューブは40から120ティック(2から6秒) 毎にジャンプする。これはスライムの1/4の頻度である。 プレイヤーを追いかけるときは、ジャンプ間隔は1/3になる。
  • 燃えず、溶岩からダメージを受けない。
  • 落下ダメージを受けない。
  • 最も小さいものであってもプレイヤーにダメージを与える。
  • ジャンプ高度はサイズにより変化する。
  • 前進速度は他のMobの2倍である。
  • 着地時に効果音が発生し、それは大・中サイズで別の音になっている。
  • ネザー要塞のそばによく出現する。

戦闘[編集 | ソースを編集]

マグマキューブと戦うのは非常に大きな意味があると言える。合計で大量に経験値が獲得できるし (大サイズからは20 ∼ 28点、中サイズからは4 ∼ 6点)、マグマクリームが ネザーや洞窟探索での命綱である耐火のポーションの材料となるからだ。しかしマグマキューブは難敵であり、特に大サイズは防御力が12 (Armor.svgArmor.svgArmor.svgArmor.svgArmor.svgArmor.svg)あるので実質的に31 (Heart.svg × 15.5)のヘルスポイントを持つ。さらに大サイズは2 ∼ 4個の中サイズに、そしてそれぞれが2 ∼ 4個の小サイズにそれぞれ分裂し、実質的には大サイズのもので51 (Heart.svg × 25.5)87 (Heart.svg × 43.5)、中サイズで10 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svg)14 (Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svg)の実質ヘルスポイントになり、かつ分裂する際の余剰ダメージ点は持ち越されないので現実的にはより多くのダメージを必要とする。しかしそうダメージを受けることはない (大サイズでも6 (Heart.svgHeart.svgHeart.svg)のみ) し、なにより遅い (大きく跳び上がるので)。大サイズのマグマキューブと剣のみで戦うのはおすすめできないが、中サイズは2撃 (ダイヤの剣) あるいは3撃 (鉄/石の剣) で倒すことができ、小サイズであればどんな種類の剣であっても1撃で倒すことができる。ジャンプして向かってくる間に攻撃できれば、その攻撃を中断できる。It will take 5(diamond)/6(iron)/7(stone) hits to kill.大サイズのマグマキューブと対峙するのは挑戦的であり、の使用が推奨される。分裂後は後退し (特に4つに分裂したら)、中サイズのものを弓で退治しよう。小サイズなら剣でも、中程度に引き絞った弓でも1撃で倒せる。小サイズのマグマキューブの攻撃は下部のみが行えるようなので、相手より高い場所に陣取ることで、小サイズのものを対処する前に残った中サイズのもののみを対象にできる。

ビデオ[編集 | ソースを編集]

Magma Cube/video


歴史[編集 | ソースを編集]

Beta
1.9pre1 マグマキューブが追加された。
1.9pre2 出現頻度が極めて稀になった。
1.0.0rc1 このアップデートより前は無音であった。
正式版
1.0.0 マグマキューブはより稀になった。
1.1 大・中サイズのマグマキューブはマグマクリームをドロップするようになった。
1.3.1 12w18a シングルプレイがローカルサーバー上での動作になったので、マグマキューブのアニメーションがシングルプレイでも表示されなくなった。
12w23a マグマキューブのアニメーションがマルチプレイでも表示されるようになった。
1.11 16w32a マグマキューブのエンティティIDがLavaSlimeからmagma_cubeに変更された。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • マグマキューブは溶岩中で泳ぐことはできなく、ただ底でジャンプするのみである。つまり、溺れたりせずに、深い溶岩の底に囚われることがある。中や溶岩中での移動はとても遅くなるようだ。
  • マグマキューブは、ネザーにおけるスライムに相当するものである。見た目は近いが、テクスチャーは異なる。
  • 全ての大きさのマグマキューブが経験値オーブをドロップする。つまり他のMobは最大でも5点のところ、大サイズのマグマキューブとその発生物をすべて倒せば最大28点の経験値が得られることになる。
  • マグマキューブがマグマクリームをドロップする確率は25%に過ぎないが、この確率とドロップ数はドロップ増加(Looting)のエンチャントがされた剣で増す。
  • マグマキューブは水中でジャンプしようと試みるが出来ず、ただ動き回るのみである。完全に水没すると溺れるだろう。しかし小さな個体に分裂し、息継ぎをする。
  • マグマキューブはネザーのどこにでも現れうる。
  • マグマキューブは溶岩中でよく発見されるが、そこで出現することはない。
  • マグマキューブは他のネザーのMobと同様に溶岩耐性をもつ。
  • マグマキューブがプレイヤーを追いかけていないときは、スライムのように一方向に向かって跳ねる。
  • 通常世界でも、モンスタースポナーを書き換えればマグマキューブを出現させることができる。出現にネザーラックは必要とはしない。Minecraft 1.1では、クリエイティブモードでスポーンエッグを使うことで出現させることができるようになった。
  • マグマキューブは攻撃で体の下部を用いるようだ。
  • マグマキューブは落下ダメージを無効化する。ちょうどヤマネコやネコアイアンゴーレムスノウゴーレムニワトリと同じように。
  • その外皮により、大中小それぞれ48%/24%/12%、多くの攻撃に対する耐性を有している。つまりマグマキューブを倒すのに最低31 (Heart.svg × 15.5) / 6 (Heart.svgHeart.svgHeart.svg) / 2 (Heart.svg)の物理ダメージが必要となる。
  • 目が幾ばくかの明かりを有しているように見えるので、マグマキューブは光っているように見える。
  • 大サイズのマグマキューブは4ブロックの高さ (の壁を越えて) まで跳ぶことができる。
  • テクスチャーのファイル名は "lava.png" である。これは溶岩コアに由るようだ。
  • 小サイズのマグマキューブはプレイヤーにダメージを与えることができるが、プレイヤーがジャンプして乗っかった場合のみである。またプレイヤーがブロックの端にいる場合、マグマキューブがすぐとなりのブロックでジャンプするとダメージを受けるが、足に触ったからのように見える。大中サイズのものとは異なり、小サイズのマグマキューブはプレイヤーが重なってもダメージを与えることはなく、前述の場合のみになる。

バグ[編集 | ソースを編集]

  • They also seem to frequently glitch through walls, ceilings, and floors, to attack players on the other side; dropping down through the solid roof of a tunnel, for example, then glitching back up to the roof out of sword reach. Or they will lunge out through the walls of a tower while a player is descending via a gravel pillar, and push them off said pillar without causing attack damage. They also seem to sink into Soul Sand, being invulnerable while merged inside a Soul Sand block, yet being able to jump up and attack from inside their protective glitch.
  • スライムのように、倒される直前にタイトル画面に戻ってゲームを再開すると、マグマキューブは生きてはいるが横に倒れ、死ぬ直前のように赤くなる。
  • 大サイズのマグマキューブの当たり判定はとても奇妙なものになっていて、大抵は攻撃を受けずに当てることができない。マグマキューブの下部、もしくはジャンプ中に当てるようにしなければならない (多分バグ)。
  • モンスタースポナーを書き換えてマグマキューブを出現するようにすると、スポナー内部の回転するモデルはブロック境界からはみ出して見える。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]