バイオーム

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。
ジャングルバイオームを横切る川。右上は森林バイオーム。
メサバイオームを流れる川。右下にはサバンナバイオームがある。
Jeb twitter.jpg バイオームとは何か知らない人へ。バイオームとは気候帯です。それは地上のブロック(砂? それとも土?)、雨、雪などの気候、木が育つかを決める要因です。どんな動物が生息できるかを決めることもあります。
Jens Bergensten [1]

バイオーム(Biome)Minecraft ワールドの領域の事で、地形、植物群、高度、温度、湿度、空の色、そして植物の色など、様々な自然の要素を決める。Halloween Updateで導入されてから、バイオームは生成されるワールドを異なる環境に分かち、現実世界のパラレルとなっている。バイオームには例えば「森林」「ジャングル」「砂漠」「氷原」などがある。Halloween Update以前では、ワールドは草原あるいは積雪地帯のいずれか一つのテーマを持っていた。

Anvilファイルフォーマットで、バイオームはワールドデータ中に直接記録されるようになった。以前のRegionファイルフォーマットでは、バイオームはワールドのシード値から直接計算されていた。

「バイオーム」という語はその科学的用法に類似して用いられている。地球上のバイオームは、気候条件のようなものを維持している、植物群、生物群、土壌生物群などにより定義される、気候および地理的なものである。しばしば生態系とも呼ばれる[2]

バイオームの種類[編集 | ソースを編集]

1.4.5の時点で、12の主要なバイオームに加え、いくつかの特殊バイオームが存在している。主要なバイオームは草や葉の色、存在するブロックの種類 (例:サボテンなど、樹木やその他植物の種類、あるいは砂漠はで覆われている) で識別できる。バイオームはワールドのシード値を使った擬似乱数で生成される。特殊バイオームは主要バイオーム間同士をなめらかに繋ぐほか、主要バイオームに独自の追加要素を導入する。これらには「川」「砂浜」「丘」その他周辺地域などがある。

降雪バイオーム[編集 | ソースを編集]

これらのバイオームは雪が降る。草ブロックの色は水色

バイオームID 名前と生成要素 解説 画像
11

FrozenRiver(凍結河川)

気温: 0.0

粘土

氷原バイオームにのみ出現する川。川の表面は凍っている。
Frozen River.png
12

Ice Plains(氷原)

気温: 0.0

, 降雪, オークの木, , マツの木

大量の雪が積もっており、広大で平坦な比較的出現率の低いバイオーム。雨の代わりに雪が降る。湖や川は氷で覆われている。丘は山のようになっていることが多い。 このバイオームではサトウキビがスポーンされるが、 チャンクがロードされるときに根絶やしになる。(チャンクがロードされるときに水源が凍るのと同様である。)非常に少ないが自然のオークの木が生える。また、マツの木も生成されることがある。バイオームのサイズや雪で覆われていること、木が非常に少ないことから、他のバイオームに比べてサバイバルを始めるめるのが難しくなる。 IcePlains.png
140

Ice Plains Spikes(樹氷)

気温: 0.0

氷塊, , 雪ブロック, 樹氷

氷原の比較的まれなバリエーションで、氷の'湖'と同様に、尖った釘状の氷塊、すなわち樹氷を特色とする。普通は樹氷は数ブロックの高さですが、細長いものでは50ブロックもの高さに達することもある。このバイオーム内のすべての草ブロックはに置き換えられる。

Ice Plains Spikes/video

Ice Plains Spikes.png
26

Cold Beach(凍結砂浜)

気温: 0.05

, , 降雪

砂浜に雪が降ったもの。 氷原が海洋バイオームに接するときによく見つかる。
Cold Beach.png
30

Cold Taiga(極寒タイガ)

気温: -0.5

, 降雪, , マツの木, , オオカミ

雪が降っていて、シダや大きなシダがあるタイガの一種。13w36a以前は、あらゆるタイガは雪で覆われていたが、シダと大きなシダはなかった。

Taiga/video

Snowy Forest.png
158

Cold Taiga M(山岳極寒タイガ)

気温: -0.5

マツの木, , 降雪, シダ, オオカミ

雪が降るタイガの、広く、山がちなタイプのもの。
Cold Taiga M.png
名称と要素 解説とサンプル画像
Forest (森林)

オークおよびシラカバの木, , , 草ブロック, オオカミ, キノコ

多くの木々や丘があり、多量のが生えている。オークとシラカバの木が生えている。キノコ、雑草、バラなどの花を見ることもある。森林は特殊バイオームとしても平原バイオーム中に生成されることがある。木材を大量に調達できることから、ゲーム開始時の好ましいバイオームの一つであるといえる。木々の多さが夜間の視界の悪さをもたらし、方向を見失ったりMobが出現しやすいことなどから、夜の移動は危険である。

1.8 Biomes MixedForest.png

Desert (砂漠)

, サボテン, 枯れ木, 砂岩, サトウキビ, 砂漠の井戸, 砂漠の寺院, NPC村

ほとんどがで覆われ、大砂丘、枯れ木サボテンが生えている、不毛なバイオーム。砂岩は砂の下に埋もれているのを見るだろう。このバイオームでは雨は降らない。サトウキビたまりのそばで見受けられる。見晴らしがよいため、夜間でもMobがよく見えるだろう。砂漠の井戸、そして寺院はこのバイオームでのみ発見可能だ。砂漠でありながら、水は大量に存在している。時々、浮遊した状態で生成されている砂の塊がある。予期せぬ落下や窒息に注意して歩こう。

2012-02-01 16.26.19.png

Plains (平原)

, 草ブロック,

なだらかな丘からなる比較的平坦なバイオームであり、ばかりで木は少ない。涸れ沢やを湛えた穴、がよく見られる。温厚なMobがよく出現する地でもある。障害物が少ないので、口をあけた洞窟、水や溶岩の噴き出しを簡単に見つけることが出来るだろう。

1.8 Biomes Grassland.png

Swampland (湿地)

オークの木, , つる, スイレンの葉, 粘土, キノコ

このバイオームは、スイレンの葉が浮かんだ、海面と同じ高さの浅いたまりの中に、平坦な陸地 (多くの小島を含む) がまばらに広がっているのが特徴だ。水底には粘土そしてが見られる。樹木はよくつるに覆われ、中に生えている。キノコもこのバイオームで多く見られる。サトウキビが水辺に生えている。、そしてつるの色は他のバイオームより濃い緑色だ。1.4で、ウィッチの小屋が出現するようになった。スライムも夜に自然発生する。

1.9Swamp.png

Jungle (ジャングル)

ジャングルの木, 苔石, , シダ, , つる, ヤマネコ, カカオの実

高密度の熱帯バイオーム。31ブロックの高さにまでなる、2×2ブロック分の大きさの幹の、巨大なジャングルの樹木を特徴としている。オークの木も時々見られる。緑豊かな、かなり起伏の激しい形状をしていて、深い谷に囲われた小さな (海面より高い位置のものもある) も見られる。が地面を覆っている所もある —— これら「潅木」は、1ブロックのジャングルの木を幹とし、オークの葉で覆われている。ジャングルに立ち入ると、空は著しく明るくなる。このバイオームにのみ、シダと、前述のジャングルの木は生えている。つるは多くのブロックの周りに生えていて、洞窟の地面近くでも発見できるだろう。ヤマネコジャングルの寺院カカオの実はこのバイオームでのみ出現する。カカオの実はジャングルの木に実っている。

JebJungle.jpg

Ice Plains (氷原)

, 降雪, オークの木,

膨大なに覆われた、広大な平原のバイオーム。このバイオームでは雨は降らない —— 代わりに雪が降る。湖や川は氷に覆われる。丘は森のそれより高くなる傾向がある。サトウキビはこのバイオームにも出現するが、チャンクが読み込まれると水がとなるため、根こそぎアイテムになる事がしばしある。数少ないオークの木が、このバイオームにも生えている。木材の希少性に伴い、他のバイオームより初期の生存率は低くなる。地上に構造物は出現しない。

TundraBiome.png

Taiga (タイガ)

, 降雪, , マツの木, 草ブロック, , オオカミ,

マツの木に覆われた丘陵の多いバイオーム。草は鈍い青灰色になる。このバイオームでは雪が降り、雪や氷を形成している。丘がよく見られ、オオカミは他のバイオームに比べ多く見かけられる。

Taiga.png.

Extreme Hills (山岳)

オークの木, , , エメラルド鉱石 シルバーフィッシュ入りのブロック

高い山 (一部はy座標が100にまで到達する) からなるバイオーム。鈍い青灰色の草が生え、オークの木がまばらにある。崖、頂、谷、滝、張り出した岸壁、浮遊島、その他多くの構造物があり、すばらしい景観が広がっている。地下には洞窟が他のバイオームより多く存在している。岩棚が多くあり、死に至りかねない高度にある、岩棚などの危険地帯が多くあるので、落下には特に注意が必要だろう。山岳および山岳の端 (Extreme Hills Edge) バイオームはエメラルド鉱石を産する他にないバイオームである。シルバーフィッシュを自然に見つけられるのもこれらのバイオームだけだ。

1.8 Biomes Mountain.png

Ocean (海洋)

, , 粘土,

とても巨大な、開けたバイオームで、を湛えている。水面の下、水底では、土、砂、粘土からなる小さな山や平地が、起伏をもたらしている。海洋の大きさには制限は無い[3]。典型的な海洋は、東西・南北に25,000ブロック以下の広さであるが、まれには100,000ブロックに届くこともある。小さな島に、稀に草木を見つけることが出来る。島には温厚Mobが出現することは無いが、敵性Mobはその限りではない。巨大洞窟は海面下によく存在し、海底には渓谷廃坑が口を開けている。

1.8 Biomes Ocean.png

Mushroom Island (キノコ島)

キノコ, 巨大キノコ, 菌糸, ムーシュルーム

このバイオームは稀なもので、表面が菌糸で覆われた平地と丘からなる。常に海洋に隣接しており、多くの場合他のバイオームからは隔離された地に見つけることが出来る。巨大キノコが自然に生えていて、キノコが日光下で育つ唯一のバイオームである。

ムーシュルーム以外のMobは、それが夜間の敵性Mobであろうと、このバイオームでは自然発生しない。これはキノコ島バイオームの地下の洞窟や廃坑などでも同様である。つまり地下の探索は非常に安全なものになっている。このバイオームでプレイヤーにより作られた構造物も同様である。 しかしながら、モンスタースポナーによるMob発生、(他のバイオームから連れて来た) 動物の繁殖、ゴーレムの作成は、通常通り行える。またスポーンエッグもMobを出現させることが出来る。 苗から木を育てることは出来るし、他の土や草の上の植物も同様である。ただし菌糸ブロックに (土が) 隣接している場合、菌糸が土の上を覆い、植物を根こそぎドロップさせてしまうだろう。菌糸ブロックは耕すことは出来ないが、掘って土として再設置してすぐなら耕せる。耕地であれば菌糸の侵食に耐えることが出来るだろう。

MushroomBiome19pre.png

Nether (ネザー)

ネザーラック, グロウストーン, ソウルサンド, ネザーレンガ, 砂利

ネザーの生成に用いられるバイオームの事。地形のほとんどがネザーラックからなる高山、洞窟、壁で構成される。他のバイオームと異なり、高度128と1に岩盤からなる層に囲われている。溶岩海が高度31の層にあり、溶岩の滝が岩盤の天井、時には壁から流れ落ちている。このため溶岩流や溶岩湖はありふれたものになっている。溶岩は通常よりよく生成される他にも、オーバーワールドのそれよりもより遠くへ、より速く流れる。ガストブレイズウィザースケルトンマグマキューブ、そしてゾンビピッグマンが自然発生する唯一のバイオームである。砂利やソウルサンドが地表に露出している一方、グロウストーンは地表だけでなくネザーラックの天井近くにも見つけられる。ほとんどのMobや資源はネザー要塞 (画像の暗い建造物) に生成される。

Nether 'biome'.png

The End (ジ・エンド)

エンドストーン, 黒曜石, 岩盤, エンダークリスタル

ジ・エンドの生成に用いられるバイオームのこと。他のバイオームとは異なり、限られた大きさの浮遊島になる。ほぼすべてがエンドストーンで構成されているが、黒曜石からなる塔、エンダークリスタルがその例外である。エンダーマンと、一体のエンダードラゴンがこのバイオームに出現可能となっている。オーバーワールドにこのバイオームを出現させる (外部のワールドエディタやクリエイティブモードのカスタマイズなど) と、空が黒くなるだろう。

End Screenshot.png

特殊バイオーム[編集 | ソースを編集]

特殊バイオームは、バイオームに隣接して、あるいは中に生成される。真のバイオームとは考えられないが、プログラムコード中やデバッグメニューではバイオームとして参照されている。Minecraft世界でよりリアルな地形を形作る重要な役割を果たしている。

既知の特殊バイオームは7種ある。

名称 解説 サンプル画像
River (河川) 川のように細長く曲がりくねった形の、水ブロックで構成されたバイオーム。河川は主要バイオームの地形を横切ったり、区切ったりする。片側は海に接続するように形成されるが、同じ地域でループ状になることもある。(実際の川とは異なり) 水は流れていない。河川はまた安定した粘土の供給源となる。 Minecraft River.png
Frozen River (凍結河川) 河川のバリエーションであるこれは、タイガおよび氷原バイオームにのみ出現する。水の表面層は凍っている。 Frozen River.png
Beach (砂浜) 多くの水辺に生成される砂浜は、砂で構成されている。元あったブロックを砂ブロックに置き換えることで、地形にしみ込んでいる。

Beach (砂浜) バイオームの歴史については、構造物としての「砂浜」ページを参照の事。

Minecraft Beaches.png
Mushroom Island Shore (キノコ島海岸) キノコ島バイオームの海岸部分の、平坦な形を表現している。 Mushroom Island Shore.png
Frozen Ocean (凍結海) 降雪するバイオームの近くに、凍結海バイオームは存在している。水の最上層は氷となっている。 Frozen Ocean.png
Extreme Hills Edge (山岳縁) 山岳と、その他のバイオームの間の縁として機能する。 Extreme Hills Edge.png
Hills (丘陵) 森林、タイガ、砂漠、ジャングル、そして氷原バイオーム中の丘として生成され、F3メニューで

"ForestHills"、"TaigaHills" などとして参照される。森林の丘陵は他の丘よりもより低確率で生成されるようだ。通常、Ice Mountains (Ice Plainsの丘陵) は高くなる。1.3アップデートで、森林と砂漠バイオームの丘は高くなった。

Forest Hills Biome.png2012-05-20 08.54.26.png

バイオーム番号[編集 | ソースを編集]

特殊バイオームを含むバイオームのそれぞれに、バイオーム番号が割り当てられている。以下にそれを示す。バイオーム番号はスーパーフラットワールドのカスタマイズを行うときに使用される。

番号 バイオーム名 和訳
0 Ocean 海洋
1 Plains 草原
2 Desert 砂漠
3 Extreme Hills 山岳
4 Forest 森林
5 Taiga タイガ
6 Swampland 湿地
7 River 河川
8 Hell ネザー
9 Sky エンド
10 FrozenOcean 凍海
11 FrozenRiver 凍河
12 Ice Plains 氷原
13 Ice Mountains 氷の山岳
14 MushroomIsland キノコ島バイオーム
15 MushroomIslandShore キノコ島の海辺
16 Beach 砂浜
17 DesertHills 砂漠の丘陵
18 ForestHills 森林の丘陵
19 TaigaHills タイガの丘陵
20 Extreme Hills Edge 山縁
21 Jungle ジャングル
22 JungleHills ジャングルの丘陵

歴史[編集 | ソースを編集]

バイオームの歴史[編集 | ソースを編集]

バイオーム製作中の頃の、とても古い画像。Notch曰く、「プレイヤーの右がタイガ、左が森か林かのどっちか。どっちかは忘れた。遠くに見えるのは多分ツンドラ」
Alpha
1.2.0 バイオームが実装された。
Beta
1.8 バイオームが大幅に書き換えられた。次のバイオームを削除:ツンドラ、タイガ。残りも9つのフラクタルベースの、既存のバイオームの混合か、新規のものに置き換えられた。

Anvilファイルフォーマット[編集 | ソースを編集]

Anvilファイルフォーマットは、ワールドのデータ中にバイオームを記憶することを可能にする。これとは対照的に、、以前のファイルフォーマットであるRegionファイルフォーマットは動的にバイオームの配置を計算するためにシードに依存している。これにより、バイオームの生成コードが変更されたときに古いワールドでバイオームの配置が変更される事態が起こる。現在のAnvilファイルフォーマットでは、バイオームのデータはワールドの他のデータとともに保存される。このことは、バイオーム配置がワールド生成後に変化せず、サードパーティ製のマップ編集ツールで変更可能であることを意味する。さらに、"縁"バイオームが、バイオームに古いバイオームの縁のチャンクを越えて広がり続けることを可能にし、生成コードがアップデートで変更された後でも滑らかなワールド生成の移行ができるようになった。


ゲームプレイに与える影響[編集 | ソースを編集]

ゲームを開始した時、プレイヤーがバイオームの真ん中、しかも木の無い場所にスポーンしたなら(例えば砂漠や雪原、海洋)、資材を集めるのは難しくなる。

サバイバルモードでのプレイにおいて、大きな海洋の真ん中に点在する小さな島、しかも木のない島にスポーンしたという報告が多数寄せられている。

海洋バイオームに砂で出来た孤島が生成されたなら、動物はスポーンできないし、時々木が生成されない場合もある。
そんな状況で、プレイヤーはワールドを削除してゲームをやり直すか、または大陸を見つけるために長い距離を泳ぐだろう。 または、木材を集めるために海に潜り、海底の廃坑を探すだろう。
問題無いのなら、プレイヤーはクリエイティブモードを使うだろう。

それとは反対に、キノコ島バイオームの近くにスポーンしたなら、キノコ島はモンスターから身を守る聖域と言えるし、建築や採掘の恐怖も少ないことだろう。
もちろん、木材やその他アイテムを集めるために他のバイオームへ行くことになるだろう。しかし、一つボウルを持っているなら、食料には困らないはずだ。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

出典[編集 | ソースを編集]

  1. https://mojang.com/2013/08/minecraft-world-generator-update
  2. Wikipedia, The Free Encyclopedia, "Biome", 2012年4月20日閲覧
  3. http://i.imgur.com/X3NJf.png

関連項目[編集 | ソースを編集]