デモモード

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
デモワールドを読み込む際に表示されるメッセージ

デモモード(Demo mode)とは、未購入ユーザーが先に試す為の、Minecraft の体験版のことである。デモモードは、旧PC Gamer版Minecraftデモに非常によく似た機能を備えている。

デモバージョンは、Mojangアカウントを登録して、Minecraftランチャー(Minecraft Launcher) にログインすることでフリープレイができる。

機能[編集 | ソースを編集]

このデモバージョンの存在は、Minecraft の購入を決定する前にゲームを試用するためにある。このバージョンのゲームは100分間、あるいはゲーム内の5日をプレイ可能で、それに到達するとワールドはロックされてリセットが要求される。

また、デモバージョンには有効期限が設けられていない。唯一その理由と言えるのは、新規プレイヤーが、ゲームが口に合うかを試したり、コンピューターがゲームをプレイするに足るスペックかどうかの確認を行えるということである。ただし、デモバージョンでは一部の制限がかけられている。

制限[編集 | ソースを編集]

デモモードのゲームを遊ぶ際に適用される制限は次の通りである。

  • デモ用のワールドのシード値は、必ず -343522682 で設定される。
    • これにはプレイヤーのスポーン位置生成される地形にも適応され、すべて同じものとなる。
  • ゲームモードはサバイバルのみとなる。
  • 基本的にチート(コマンド)は使えないが、LAN に公開することや外部ツールを使用することでオンにすることが可能である。結果、プレイヤーはクリエイティブにゲームモードを変更することができるようになる。
  • 上記の通り LAN に公開することは可能だが、マルチプレイにはアクセスできない。
  • ゲーム時間はゲーム内で5日(現実時間で100分)に制限される。制限時間に到達すると、プレイヤーはワールドを移動できるが、それに干渉できなくなる。デモワールドをリセットすることで、デモのタイマーもリセットされるが、すべての変更は取り消される。

歴史[編集 | ソースを編集]

正式版
1.3.1 12w16a デモモードが追加された。スナップショットの段階では、minecraft.jarを -demo というパラメーターをつけて実行する必要があった。
1.3.2 ブラウザー内(Javaアプレット)でデモモードをプレイすることができるようになった。
1.6.2 ランチャーが新しくなり(バージョン1.3.4)、Minecraft 未購入のプレイヤーは、そのままゲームのデモをプレイすることができるようになった。

豆知識[編集 | ソースを編集]

  • デモモードは、既に購入したプレイヤーでもプレイができる。
  • デモモードで作成したワールドを、正式に購入したアカウントでそのまま使用することができる。
  • --demo のフラグを用いることで、デモバージョン用のサーバーを起動できる(これにはランチャーの技術的な知識が多少必要)。そのサーバーに接続したすべてのプレイヤーには、デモメッセージが表示される。
  • プレミアムではないアカウントでランチャーから1.3より以前のデモバージョンをプレイすると、正式版とほぼ同様のゲームをプレイすることができる。
  • 正式版のシード値入力画面で「North Carolina」と入力すると、デモバージョンで使われているワールドが生成される。
  • 「終了」ボタンをクリックせずにゲームを終了すると、それまでにプレイしたゲームの内容が保存されない。
  • ショートカットをハードドライブ/ディスクなどの Minecraft が配置されていない別のディレクトリに移動させ、それを起動すると新しくデモバージョンを始めたとしてみなされ、以前までのワールドは選択されなくなる。
  • チートを有効にし、クリエイティブモードでワールドの端を超えて自身をテレポートさせると、サーバーリストにアクセスすることができる(1.9以前)。ただし、無効なセッションであるとしてサーバーに参加することはできない。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]