エンダードラゴン

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
エンダードラゴン
EnderdragonFlying.gif
体力値

200(Heart.svg × 100)

攻撃力

10(Heart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svgHeart.svg

スポーン条件

エンド

初登場

Beta 1.9pre4 (無効)
Beta 1.9pre6 (正式)

ドロップ

オーバーワールドへのポータル
BlockCSS.png ドラゴンの卵 (真下に)
BlockCSS.png 松明

経験値

12,000

ネットワークID

63

セーブゲームID

ender_dragon

回復しつつプレイヤーを攻撃するエンダードラゴン
エンダードラゴンを倒したときに現れるポータル

エンダードラゴン(Ender Dragon)は、Minecraft初の公式ボスMobである (2番目はSnapshot 12w34aで導入されたウィザー)。エンドにのみ自然に現れる。このMobにはNotchが作成したドラゴンの3Dモデルが流用されているが、テクスチャーは、エンダーマンを思わせる、紫の目をした黒く鱗のあるものになっている。

外観[編集 | ソースを編集]

エンダードラゴンは巨大な、黒いドラゴンであり、光輝く目をしたゲーム中最大のMobである。羽や身体中に何ヵ所か灰色の部分がある。エンダーマンクモのように、エンダードラゴンの目は暗闇でも光って見えるので、エンドのどこから来るにしても場所を把握することが出来る。

戦略[編集 | ソースを編集]

エンドへと向かう前に、エンドポータルのそばでベッドで寝るか、バックアップを取ることを強く推奨する。戦闘で死ぬかも知れないからだ。また一揃えの鉄製、またはそれ以上の防具を装備することも強く求めたい。低い防御力ではエンダードラゴンにより簡単にエンドから追い返されてしまうだろう。またダイヤの剣、弓と2から4スタック程度の矢 (エンチャント「無限」が無い場合) も用意しよう。ただ、剣のエンチャント「火属性」と弓のエンチャント「フレイム」は、エンダードラゴンには効果がないことので覚えておこう。

エンドに入ると、紫色の「エンダードラゴン」の体力ゲージが画面上部に現れる。これがエンドに住まうエンダードラゴンの残り体力を示している。次元「エンド」には1体のエンダードラゴンが住んでいて、その体力は近くのエンダークリスタルにより定期的に回復される。クリスタルは地形の各所に点在している、黒曜石柱の頂上にある。エンダークリスタルの回復効果が、苦労して与えたダメージをなかったことにしてしまうので、ドラゴンと戦う前にクリスタルを破壊すべきであろう。

エンダークリスタルを、エンダードラゴンが近く (クリスタルとドラゴンの間に現れる一連の輪で示される) で突撃している間に壊すと、回復する代わりに追加ダメージを受けるだろう。これを全てのエンダークリスタルに対して繰り返すと、エンダードラゴンは弱体化し、体力を回復させずに倒すことが出来るようになる。結構な量のダメージを与えたとしても、ドラゴンは平均的なMobより依然として強い。エンダークリスタルは通常のブロックを壊すように、あるいは剣、弓矢あるいは雪玉で攻撃することで破壊できる。エンダークリスタルは壊れる際に爆発し、岩盤をあとに残す。

エンダードラゴンをクリエイティブモードで倒すのは容易いことである。飛び回って、殺される心配なく、ドラゴンを射たり接近戦攻撃をするだけだ。しかしエンダークリスタルはクリエイティブモードであってもドラゴンを治癒するので、壊す必要がある。またクリエイティブモードであっても奈落に落ちると死ぬので、島から弾き飛ばされることも警戒せねばならない。

エンダードラゴン討伐の最も一般的な、最も易しい戦術は、まずエンダードラゴンそのものと対峙する前に、全てのエンダークリスタルを破壊することだ。ドラゴンにいくらダメージを与えても、クリスタルによって即座になかったことにされてしまう。エンダークリスタルは爆発するので、距離をおいて矢を放つか雪玉を投げつけ、ダメージを受けないようにしてから、黒曜石柱にはしごを懸け登ろう。エンダークリスタルの爆発で柱から落ちても、はしごを掴むことさえできれば落ちて死ぬことはない。更にエンダードラゴンがクリスタルに近付くのを待って破壊するのもおすすめだ。クリスタルの爆発でエンダードラゴンがダメージを受けてくれるかもしれない。(しかし注意したいが、エンダードラゴンはプレイヤーが設置したはしごを壊すことが出来るし、実際そうしようとするだろう。)

もし可能なら、エンダードラゴンが気づいて突撃してこないほどの遠くにいる間に、エンダークリスタルを壊すことを試してみよう。島の一番端にいてエンダードラゴンが来るのを待ち、来たら反対側に向かって、ボスの体力ゲージが消えるまで走るのだ。近づきすぎてボスの体力ゲージが再び現れないよう注意しつつ、安心して反対側のエンダークリスタルを破壊できるだろう。これを何度か繰り返せば、島全体のエンダークリスタルを一掃出来るだろう。

エンダードラゴンがプレイヤーに向かって突撃してくるときは、直接プレイヤーに向かってくる。これは頭を狙って追加ダメージを与えるよいチャンスになる。ただ攻撃すると決めたとしても、避けるには時間がほとんど残されていないだろう。エンダードラゴンは飛来するとき接触したブロックを破壊する。ただし黒曜石エンドストーン岩盤鉄格子は破壊せずただ通過する。この性質はTNTを戦術に組み込むことを、不可能ではないにせよ難しくするだろう。飛びかかってくるエンダードラゴンに当たってしまうと、プレイヤーは著しくノックバックを受け、下手をすればエンドの島から落とされてしまいかねない。ドラゴンの体と翼はプレイヤーにダメージを与え、更にノックバックを引き起こす。ノックバックを防ぎエンドの島からの落下を防ぐには、エンドストーンに1ブロックの穴を空けそこに立てばよい。これでノックバックされずに攻撃を続けることが出来るだろう。時折ドラゴンによりノックバックされるかもしれないが、単に穴から出されるだけで済む。最高の武器防具、出来れば全てエンチャントを付与済みのものが推奨される。エンダードラゴンは速度と飛翔能力があるので、接近戦よりも投射攻撃を勧める。エンダードラゴンの大きな体力と持って生まれた回避性能により、大量の矢が必要となり、かなりな数が外れるだろうから2スタック程度は用意しておきたい。溶岩は、耐火性がある以上は無意味だ。もダメージを受けるわけでもなく破壊してしまうので無駄だが、エンダーマン避けとしては使える。エンチャント「ノックバック」は意味がない (SMPでModを使えば可能な、レベル8とかでなければ)。雪玉はその投射間隔がエンダードラゴンがダメージを受け再び動けるようになる期間より短いので、ドラゴンを停止させ続けるのに用いることが出来るかもしれない。他の投射物、エンダーパールや卵と同様に、雪玉もエンダードラゴンにダメージを与える。ただ、投射攻撃よりも接近戦の方がドラゴンに与えるダメージは大きくなる。それゆえ、突撃してくるのを待ってひらりと横に避け、攻撃しよう。エンドで爆発するベッドを、エンダードラゴンが近づいた際に起爆すると、無視できないダメージを与えることが出来る。これは抜け道かもしれないが、エンドが実装されてからずっとベッドの爆発は存在し、依然として「修正」されていないので正当な手法といってもよいかもしれない。望むならこれを戦術として利用してもよいだろう。

死にゆくエンダードラゴン (アニメーション)

殺されると、エンダードラゴンはその体から光線が漏れだし始める。そして爆発し、12,000点の経験値をドロップする (1,000点のオーブが10個、2,000点のものが1個。これは全く経験値がない状態から78レベルに上昇させる量に相当する)。

また同時に出口のポータルがその頂上にドラゴンの卵を載せ出現する (この卵は戦利品でしかないが、回収は普通には行えない。手順などについては当該項目を参照してほしい)。ポータルに入ると文字列によるカットインがおおよそ8分30秒続き (Escでスキップ可能)、オーバーワールドのスポーン地点へとテレポートする。エンダードラゴンを倒したあとエンドに戻ることも可能だが、そこにドラゴンはもう存在しない。

オーバーワールドやネザーでのエンダードラゴン[編集 | ソースを編集]

Modを使ったり、MCEditのような外部エディターのエクスポート/インポート機能を利用すれば、何体でもエンダードラゴンをオーバーワールド (通常世界) やネザーに出現させることが出来る。

エンダードラゴンは接触したブロックのほとんどを破壊し、そのブロックを空気に置き換え、その際衝撃波の効果が表示される。壊されないのはエンドに自然に存在しているブロック、エンドストーン、黒曜石、岩盤のみである。これらブロックは空気に置き換えたりせず、単に通過するだけだ。

オーバーワールドでは通常通り、飛翔、旋回、射られると後退、という戦闘戦術を用いる。通常プレイヤーの上空に居座り、出会った丘に穴を空け、プレイヤーに体当たりするとき地形を削り、プレイヤーに対してと同じ様にMobやエンティティを空中に吹き飛ばす。

プレイヤーが地下に逃げても、ドラゴンは攻撃を続行する。主に上から、プレイヤーのいる層へ向け、景観を破壊し地形に巨大な穴を空けて攻撃するだろう。

ネザーであっても効果はほぼ一緒だ。ドラゴンはネザーラックであろうとネザー砦であろうと、そこに大穴を空け、時間をかけて穴を大きくするだろう。もしドラゴンが水や溶岩を通り抜けても、他の多くのブロックと同様に空気と置き換えるが、特にダメージは受けない。要するにエンダードラゴンは地形をダメージなく通り抜けられるということだ。

Minecraft 1.2の時点では、複数のエンダードラゴンがいても体力ゲージは1体分しか表示されない。表示されるのは至近の、前回攻撃したもののになるようで、それが倒されると別のもののに切り替わる。 もしドラゴンがマップの端を越え、読み込まれていないチャンクに到達すると、表示がおかしくなりアニメーションが停止する。プレイヤーが近づいて当該チャンクが読み込まれると、通常の振る舞いに戻る。もしドラゴンの群れから距離を取ろうとすると、一般的には1体のみが攻撃の大多数を担い、残りはその場に留まるだろう。残りのドラゴンがメモリーから解放されたチャンクにいて、そこから十分離れたチャンクで攻撃してきたドラゴンを倒すと、ボス体力ゲージは消滅し、プレイヤーを狙うドラゴンはいなくなる。オーバーワールドやネザーでドラゴンを倒した際に生成されるポータルは、エンドへと繋がっている。大きなマップで、エディターを用いて複数のエンダードラゴンが配置されたチャンクが読み込まれると、ボス体力ゲージが空の状態で表示される。そして通常通り攻撃行動を開始した、最寄りのドラゴンを「捕捉」し、体力ゲージが埋められる。

もしプレイヤーが黒曜石かエンドストーンで出来た構造物に閉じ籠り (難易度ピースフルで)、複数のドラゴンに代わる代わる襲われる状態で、プレイ時間にして30分放置しておくと、1体ないし複数のドラゴンが攻撃戦術を変えるのが観測できる。旋回と方向転換の間の長距離の飛行がなくなって、繰り返し旋回し近距離で向きを変え何度もプレイヤーに突進するようになる。こうなったドラゴンは矢のよい的である。

エンダードラゴンをハックして、大切にしているワールドに呼び込むことはしないように忠告する。引き起こされる (地形への) 損害は甚大なものとなるからだ。

動画[編集 | ソースを編集]

  • 訂正。エンダードラゴンはMinecraft 唯一のボスMobではない。ウィザーもボスMobである。

実績[編集 | ソースを編集]

アイコン 実績 ゲーム中の説明 前提条件 (PC版のみ) 必要条件 (「ゲーム中の説明」と異なる場合) バージョン Xbox 360版の実績ポイント
Achievement-fancy.pngGrid Dragon Egg.png おしまい。
(The End.)
エンダードラゴンを倒す おしまい? エンダードラゴンを倒したときに出現する出口ポータルに入る。ワールドエディターを使用してドラゴンを倒す前にポータルゲートブロックに入った場合もカウントされる。 PC N/A

歴史[編集 | ソースを編集]

Beta
? 元々ドラゴンは、スパイダージョッキー追加の際にNotchにより示唆されていた、予定されたMobであった[1]。またドラゴンの隠れ家は追加されるものになるかもとも述べている[2]。これらは、エンダードラゴンが告知されるまで作業されているかもしれないものとして扱われた。
2011年6月18日 Notchは以前、もしドラゴンを追加するとしても、SMPサーバーにとって過大なものになりうるので騎乗可能とはしないと指摘している[3]
2011年9月1日 Notchは「ドラゴンがついに追加されるだろう」と述べた[4]
2011年10月7日 Notchはエンダードラゴンの存在についてほのめかした。
2011年10月10日 エンドについての短いクリップ動画が公開された[5][6]。これにはエンダードラゴンが枠の上に飛んでいるのが写し出されている。
2011年10月11日 プレイヤー”stropping_notch”がJebに"is dragon riding is an idea"と聞いたところ、そうであると返答している[7]。この”it is an idea"が「考慮中」を意味するかどうか、ドラゴンが (噂レベルの) レッドドラゴンであるかエンダードラゴンであるかは不明瞭である。
2011年10月12日 RedditでNotchは次のように投稿した。『それらは別個のドラゴンになるだろう。エンダードラゴンはたぶん大きめで、オーバーワールドのものはこのサイズになり、地形を通り抜けず、赤くなる。なぜならドラゴンは赤いからだ』[9]
NotchはTwitterで、「ドラゴンの手足(”limb")は6本になるだろう」とした[8]。多分両翼に四肢の6本ということだろう。
1.9pre4 エンダードラゴンが実装された。プログラム中にはほとんどの機能が備わっていたが、ゲームでは有効にされておらずプレイヤーはダメージを与えられなかった。出現させるModはあったが、繰り返すが物理的な相互作用は未実装だった。
1.9pre5 プレイヤーがダメージを与えることが出来るようになった。未だ出現させるにはModかMobスポナーが必要である。
1.9pre6 エンダードラゴンが公式に追加された。エンドへの初回突入時に自然に出現しての、単体でのボス戦を含む。
正式版
1.3 一旦ダメージを受けると、エンダードラゴンが接触ダメージを起こさなかったバグを修正。
1.4.2 12w34b "Boss Health"という表示が"Ender Dragon"へと変更された。
1.4pre この更新の前までは、エンダードラゴンは傷つけられたときプレイヤーのものと同じ効果音が用いられていた。この更新で独自の効果音が追加された。
1.11 16w32a エンダードラゴンのエンティティIDがEnderDragonからender_dragonに変更された。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

バグ[編集 | ソースを編集]

  • エンドでゲームがクラッシュすると、追加してエンダードラゴンが出現することがある。エンダードラゴン戦の途中で Minecraft が終了した場合に起こりうる。これによりエンドを離れる際に問題が発生し、複数いるエンダードラゴン全てを倒さないとポータルは出現しなくなる。サーバーからワールドを削除し再度追加することでこの問題に対処できるだろう。
  • 剣で攻撃してもその耐久値は減らない (SMP・SSP双方で確認)。
  • エンダードラゴンがプレイヤーに直接飛来してもダメージを与え無い場合がある。この時押し出されはする。
  • エンダードラゴンがプレイヤーから十分離れると移動をやめ移動効果がバグを起こす。これは近づくことで治る (SSPで確認)。
  • エンダードラゴンがクリスタルの爆発に巻き込まれて殺されると、送出元が無い回復光線に当たりつつ死ぬ。
  • 稀に一旦殺されると、ポータルが1つ半出現することがある (SMPで確認)。
  • ディスペンサーから放たれた矢はダメージを与え無いが、プレイヤーが放ったものは与える。同様の振る舞いが雪玉と卵でも起こる (SSPで確認)。
  • ごく稀に2体のエンダードラゴンが出現することがある (SMPで確認)。
  • エンダードラゴンが死にゆく際にログアウトし、再びログインすると死亡アニメーションの表示に失敗し、あたりでぐるぐる回る (SSPで確認)。
  • ゲームルール doMobGriefing では、エンダードラゴンの破壊は止めることができない。これはエンダードラゴンが壊すのではなく、その周りのブロックの置き換えが発生している為である。

トリビア[編集 | ソースを編集]

複数のエンダードラゴンがいるワールドを読み込んだ際のバグ
  • 「Ender Dragon」という名前はNotchがツイートした"raqreqentba"という文字列により判明した。これはROT13変換が用いられており、復号すると"enderdragon"となる[10]
  • エンダードラゴンはmobフォルダーに独立したフォルダーを持っている。そこには2つのデザインがあり、古い灰色のテクスチャーと新しい黒いものがある。
  • エンダードラゴンの飛翔速度は、プレイヤーの通常の歩行速度の10倍である。
  • エンダードラゴンは61個の直方体で出来ていて、Minecraftの3Dモデルのなかで最大のポリゴン数である。
  • deadmau5がこれについて言及したとき、NotchはMinecraftは"going next gen"というジョークを発した[11]
  • Before it was textured, Notch reported that he was afraid to texture it as it was a complicated model.[12] In the end, the dragon model was so complex Notch stated that he gave up making the texture manually and wrote a texture packer tool to aid him in adding the texture to the model. Notch also uploaded the code for the tool so others could use the pack.[13][14]
  • In terms of how difficult the Ender Dragon is to defeat, Notch tweeted that his design guideline for the dragon is "[If] I can beat it at all, it's too easy."
  • Minecraft 1.0でダイヤの防具の耐久値が増加したため、エンダードラゴンの攻撃で驚かされることはほとんど無くなった。しかし攻撃による吹き飛ばしは、浮き島から弾かれ奈落へと落とされる可能性と同様に、大きな落下ダメージはプレイヤーを慌てさせるに足るものである。
  • Notchはエンダードラゴンがオーバーワールドに出現しない理由を示した動画を公開している[15]。それによると接触した全てのブロックを破壊するからとのことである。
  • Redditで、Notchはエンダードラゴンが物質を破壊する理由について説明した[16]
  • エンダードラゴンが通過することによってブロックを破壊する場合、TNTの爆発と同一の爆発効果が発生する。
  • エンダードラゴンに攻撃が命中すると、吠え、唸り、叫ぶ。これは1.4アップデートで追加されたMobの効果音である。
  • エンダードラゴンの攻撃がエンダーマンに当たると、もし仮にその破滅的な攻撃に生き残れば、エンダーマンはドラゴンを攻撃しようと追跡するが、徒労に終わるだろう。これはブレイズ、オオカミ、ゾンビピッグマンでも同様である (スポーンエッグ使用で試したのでクリエイティブでの結果になる)。
  • エンダードラゴンは雪玉でもダメージを受ける。雪は水が凍ったもので、エンドのMobは水によりダメージを受けるためと思われる。しかしスノウゴーレムはエンダードラゴンを攻撃しない。
  • 負の効果のスプラッシュポーションはエンダードラゴンに対して効果がないようである。ポーションは命中し通常通り破裂しても、ドラゴンには傷つけられたときのような赤く明滅する効果が表示されない (SSPにて実験。毒、負傷、鈍化、弱化のスプラッシュポーションを使用)。
  • エンダードラゴンの当たり判定はそれ自体よりも大きいので、プレイヤーは押し出されてしまう。
  • エンドのMobは水により傷つけられるが、エンダードラゴンは水源が固体であるかのように破壊する。
  • エンダードラゴンは翼を使って飛ぶ初のMobである。2番目はコウモリだ。
  • Firing large amounts of arrows at the Ender Dragon when it is above the 256 block map height limit will create a "flux", or large amounts of glitched arrows in a spherical pattern, that, when the Ender Dragon descends below the 256 block map height limit, will continually damage it until each arrow has been used. If there are any arrows left in the flux after the Ender Dragon dies, they will shoot out in all directions. If the arrows were launched using a mod item that causes arrows to home in on a target, then the arrows will find a new target to home in on, meaning that if you are in the End, then every Enderman there will start to attack you.
  • エンダードラゴンが生きている限り、エンドでのプレイヤーの視界と同様に、エンドポータルの空間のテクスチャーは薄い複数の色からなる固定色のオーバーレイが重なっている。
  • エンドの「島」の下へ行くと、エンダードラゴンは攻撃前にあたりを一回りせずに絶えず攻撃してくる。
  • エンダードラゴンが倒された場所の下に固体の大地が無い場合、オーバーワールド (通常世界)へのポータルは倒されたほぼその位置に出現する。
  • エンダードラゴンは炎及び関連するエンチャント効果の影響を受けない。
  • エンダードラゴンは、iOS、Android向けRPG「Dragon Fantasy」で、他のMobと共に姿を見せる。
  • エンダードラゴンが出現しているときに、難易度をピースフルにしても消滅しない。
  • エンダードラゴンは、クリエイティブモードであってもプレイヤーを攻撃する。
  • エンダードラゴンはチェスト付きトロッコを破壊できない。この性質により、エンドでのよいアイテム保管場所になるだろう。
  • スノウゴーレムやアイアンゴーレムはエンダードラゴンを攻撃しない。
  • ウィザーはエンダードラゴンを攻撃する。
  • ゲームの最終ボスであるにも関わらず、ウィザーの方がより強力である。Modを使ってエンダードラゴンとウィザーを出現させると、ウィザーは簡単にエンダードラゴンを倒してしまうだろう。
  • コマンド/give <プレイヤー> 383 <量> 63で、エンダードラゴンが出現するよう設定されたスポーンエッグが得られる。ただし既にバージョン1.2で修正されているので、今ではこれを使おうとしてもなにも起こらない。
  • スーパーフラットワールドをカスタマイズしてSkyバイオーム (エンドのバイオーム。IDは 9) とし、0,0 にテレポートするか移動すると、そこにエンダードラゴンが居る。エンダードラゴンを倒すと本当のエンドへのポータルが出現する。本当のエンドにはまた別のエンダードラゴンが居るだろう。
  • エンダードラゴンが死ぬとき、花火と同じひび割れる効果音が再生される。
  • Xbox 360 EditionのエンダードラゴンはPC版にはない独自の要素として、"エンダーアシッド"を吐き、紫色のファイヤーチャージを発射するアクションが追加されている。[17]

参考[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. http://www.minecraftforum.net/viewtopic.php?f=3&t=30688
  2. http://www.youtube.com/watch?v=NszGurDUlHcの動画解説文
  3. Jens' Dreamhack presentation, June 18th 2011
  4. http://www.omnitechnews.net/2011/09/01/ask-notch/
  5. http://www.youtube.com/watch?v=ehlpLRrwojo
  6. http://www.youtube.com/watch?v=Hyi5xNmyptY
  7. http://www.twitter.com/jeb_/status/123767393964134402
  8. http://twitter.com/notch/status/124246459775328257
  9. http://www.reddit.com/r/Minecraft/comments/l9m8m/why_ender_dragons_wont_spawn_in_main_world/c2qxhwh
  10. http://twitter.com/notch/statuses/122088904793927680
  11. http://twitter.com/notch/status/122980577832992768
  12. http://twitter.com/notch/status/122600570170249216
  13. http://twitter.com/notch/status/122978062143979522 Twitter; texture pack
  14. http://pastebin.com/0AcY6YV2 link to the texture pack
  15. http://www.youtube.com/watch?v=XTpFDRZExAg
  16. http://www.reddit.com/r/Minecraft/comments/l9m8m/why_ender_dragons_wont_spawn_in_main_world/c2qx6qk
  17. https://twitter.com/4JStudios/status/306472789492252672